think think...Think!

Kitsuneno_png 先週末になりますが、雨が降っているのに西の空は夕焼けという珍しい夕方がありました。しばらく使ってなかった一眼レフで撮りました。

庭に初めて咲くオルラヤは、最初はもったいなくて一輪切るのも勇気が要りましたが、惜しげもなく次々と咲いていく姿に、繊細な花や葉の底にある強い生命力を感じます。

植えるなり台風が来たり、異常に暖かかったりしても、しっかりと使命をまっとうしています。すごい!

Oruraya_0320_pig 家にいる時間が長くなっていますが、全部悪いことばかりではないです。

 

新型コロナウィルスの感染対策をめぐって、これまで考えたことのなかった事をいろいろ考えさせられています。

不確かな情報も多いなか、ドイツのメルケル首相の演説がすごく印象的でした。国が違うのだから状況も違うとはいえ、これくらい分かりやすく方針を示してくれたら、いち市民、いち母、いち音楽家として日々判断を下さねばならない場面でも、迷いが少なくなります。メルケルさんが、こんな状況のなか頑張っている(ざるをえない)仕事の方々への感謝の言葉を忘れなかったことも素晴らしいと思いました。

 

全文翻訳のリンク

 

https://www.mikako-deutschservice.com/post/コロナウイルス対策についてのメルケル独首相の演説全文?fbclid=IwAR1k8UASRDoj6kVegz7tH-4-DLjq5hE0p8ShbhI49TANaK8ihbShr1VlbUw

 

私も予定していたライブや海外とのプロジェクトが延期になったり、音楽活動への影響が出ていますが、この機会に、ここ2,3年先延ばしにしてきたソロ・プロジェクトに着手することにしました。

今日は、先日神戸100BANホールで真夜中に録音したピアノに、自宅で声を録音して重ねる作業(独りで出来る環境です、この環境を作ってくれた全ての方々へ感謝します)へ。

Dsc02159 ライブが出来ないとき、音楽家にできることはなんだろう?

新高校生活を迎える息子のためできること、息子自身ができることは?

またこのような事態が起きたとき、もっと迅速に判断するには?

 

いつも社会を支えてくれる人たちにあらためて感謝しながら、自分ができることを一つでも考えて実行!

Oruraya_0320_2_pig

 

| | Comments (0)

この夏の変身

2019summer_web


中三の息子が剣道部を引退した。県大会出場をかけた最後の試合は、いまだ私が見たことのない凄みの立ち昇る真剣勝負で、正直、私は息子に惚れ直した。

初心者として入部した中学剣道部は、大変熱心な顧問の先生の指導のもと遠征も多く、5時台に家を出ることも。まだ暗い中、竹刀や大きな防具を下げて出て行く姿は、行かねばならぬお侍のようで、おっかさんは見えなくなるまで見送ったものだ。

剣道という武道のコスチューム性によるところもあるが、普段は陽気でヤイヤイとした息子や部活仲間が、面を着けるやいなや「変身!」する。
表情が見えないからこそか、本当に強い選手には、ちょっとした立ち居振る舞いに不思議なオーラを見ることができる。静かで不動の何か。

息子は大将なので、団体戦では5人目最後の勝負、大抵の場合、相手の大将からはだいぶイカツイ気が出まくっている。
体当たりをくらい、ひっくり返って後頭部を強打したこともある。

逃げも隠れもできない試合の始まりはしんとして、何ならおっかさんも竹刀持って相手の背後から加勢したいところだが、実際には胸をきりきりさせながら祈るのみ。剣道では声援は送らず、ただ拍手で応援の意を示す。だから試合が終わると、私はやっと呼吸再開して、やたら手のひらが痛がゆい。

県大会出場校を決定する試合の日、一回戦を勝ち進んだものの、二回戦の相手は市内大会で優勝した強豪校。「もはやここまでか」なんて一瞬でも思ったことを、私は後悔することになる。
5人とも粘るはねばる。腹を据えて120%の力を出し切った、本当に気持ちのまっすぐな素晴らしい戦いぶりだったからだ。
試合直後は悔し涙もあったようだが、みんなで出てきてくれたときの笑顔の輝きといったら。

「ここまで」じゃなくて、「ここから」だったのだ。
いま持つ力を出し切るって感覚、自分にはあるんかな?なんて考えながら。
深く感動して、1ヶ月たった今も胸が熱くなります。

さて、部活を引退したら今度は受験生に「変身」です。
着けたら勉強モードになる面、どっかに売ってたらいいのにね。

| | Comments (0)

9月になりました

Kan0909_900_6

 

息子が中学に入り、自分の時間が随分と増えた。
今日などは、4月から始めた部活(剣道)の遠征があり、朝6:45に自宅から3キロ先の駅に防具、道着、竹刀、お弁当と2Lの水筒をさげて集合、大人は顧問の先生二人のみで明石の先まで行って、帰りは18時半ごろだそうである。幼児時代を思い返すとこれはえらい違いである。
早起きが得意ではない私も、息子に(遠慮がちに)お弁当を頼まれれば、いそいそと起きてトンカツだって揚げたくなる。
今朝は、旦那さんが出張で不在ということもあり、息子もそれなりに危機感を持っていたらしく、am.5:10に私の目覚ましが鳴るより早く、2階の自室から携帯のアラームが聞こえていた(が起きてはいなかった)。

 

午後、揚げ油を入れる缶を洗ってみた。
これがこんなに汚れるのは腑に落ちない。
火にくべるわけでもなし、気づいたときには持っただけで手がべっとりするほどに汚れているのは不思議なこと。
網の部分は洗わないつもりだったのに、水がかかってしまい、結局全部洗って干す。
缶の物質感が景色から完全に浮いているのを記録したかったのに、それを描くことは私には無理だった。

 

昨日と一昨日はギターと歌を練習した。
まだまだ上手く弾けないけど楽しい。
少し前に思いついた曲を題材に。
公園の賑やかな声のなかに、息子の姿はもうなくて、
最近の口癖は「めんどい」。
私も中学生だったことはあるが、中学生の男の子だったことはない。

 

 

 

 

| | Comments (0)

母の日とその翌日

Mothersday 夕方、ご飯を作っているとき、小五になった息子が一日遅れの母の日のプレゼントを差し出した。
その辺りで摘んできた花束。そのうちの一輪は、どう見てもお隣の庭に咲いていたシャクヤクなのだった。
しかし当人は、うちの庭との境界に咲いていたと言うので、それ以上追求はせず。

あとでお隣にこっそり電話してことわったら、どうせ切ってあげようと思っていたとおっしゃる。たしかに、昨年も、その前にも頂いたのだった。

昨日は、彼のサッカー試合を応援に行ったり、夕方には自分の音楽の時間もとれて良い日曜日だったのに、一日の終わりになって、どでかい雷を落としてしまった。
あとで思えば、そんなに感情で怒るよりほかに方法があっただろうと思って、大変に後味が悪かった。

礼儀や行儀、ゲームや携帯のことなど、自分に責任を感じるからなおさら、聞く耳をもってくれるうちと思ってつい、がみがみ言ってしまうけど、

「(シャクヤクが)めっちゃ薫るなあ」 と鼻をくんくん無邪気に問いかける息子が、心の底から愛しいのであって、どうやったらあんな鬼婆になれたのか、今となっては別人のように思うのが常である。

自分の母親にはメールしただけの私に、もったいない宝。
しれっと宿題をしている。

| | Comments (0)

似顔絵

Kaorimusic_byt

図らずも、どや顔になっていたらしいです。

たしかに、今日は朝8時から夕方5時過ぎまで、ピアノ室にこもって音楽を試みていました。
しかしこれは、全く身に覚えのない姿です。

まだまだ精進が必要だと肝に銘じさせて頂きます。

| | Comments (0)

庭とその周辺

Lit7 目を疑いつつ庭に出てみると、花だらけだった。

 

一晩で咲いたとは思えないし、庭はピアノのある部屋からとても良く見渡せる上、最低一日二回以上は側にある階段を上り降りしているのだから、私の目はふし穴になってしまったのだろう。
Lit3

 

 


数年前には、庭がシロツメ草でいっぱいの春もあったから、気分転換の好きな土壌なのかもしれない。

 

Lit_1

 

 


我が家の庭は公園に面していて、今日はちょっとした事件があった。

 

今度の日曜日に小さなレコーディングをするのに、作業がたまっていて、せっせとピアノに向かっているとき、顔見知りの男の子ふたりがピンポンも鳴らさず家に入って来て、なにか叫んでいる。

 

防音室のドアを開けてみると「緊急事態!緊急事態!」というので、階段を走り降りながら話を聞くところによると、野球のバットが友だちのおでこにあたって、えらいこぶを作っている、「それがもうやばいねん!」とのこと。

 

見てみると、いやはや、うちのT君も何度もこぶを作ってるけど、これはひどい。

 

とりあえず氷で冷やしたり、保護者の方に連絡をとったりしているとき、ケガをした子の友だちのNっちゃんが、「あんなタンコブ見たことないわ、あれは甲山(この地域からよく見える山)や」というので、緊急事態にもかかわらず、なんて詩的なことを言うんだと感心してしまった。

 

まもなく、祖母さんが来てくれて、あとは無事に治まることを祈るばかり。

 

このところ珍しく、なんとなく心身の調子が優れず、周りに助けられている。
昼の一件のあいだ、私は不調も忘れていたし、なによりも、あたり散らかすにも関わらず私のことを毎日毎日見守って、気遣ってくれるのは旦那様だ。

 

庭の花たちは黙って咲いていた。
いい加減気付いてね、と思っていただろうか。

たんこぶを作った友だちを心配して結集した子どもたちも、お世話を手伝いつつも、わりあいさっぱりと自分は同学年の友だちと遊び始めたT君も(それもまた子どもというもの)、
みんな、すやすや眠っている時間に。

 

Lit2

 

 

| | Comments (0)

追憶シューズ

 

 

小学校4年生の男児、靴は当たりまえに、すぐに汚れる。
今日も本来の赤い色が白に変わっていたので、彼が寝てから濡れた布で拭っていると、1年半くらい前の記憶がよみがえった。

 

スウェーデンのイエーテボリ在住時、一日も欠かさず書いていたブログで、なぜかアップするのを止めて、でも手元に文章を残していたのを探して読み返す。

 

ここ2週間、息子を旦那様に託し、再びイエーテボリで演奏旅行をしてきた。
その間も、この靴は、いつも息子の足元にいたんだなあと、やっぱり当時と同じ気持ちになった。

 

シューズよ、君は母よりずっと近くで息子を支えてくれているのだね!
感謝と愛情を込めて、君をスケッチしよう。

 

Shose_0414

 

 

 

息子の靴を洗う (2012秋の手記より)

 


これからイタリア旅行に出る玄関先で、革のショートブーツを勧める私と、スニーカーが良いというT君(小学2年生)と押し問答になった。
結局、ブーツを履いてみたものの、かかとが少し痛いというので、スニーカーで。

 

イタリア(ミラノとベネチア)で、くたびれたスニーカーを履いていてほしくないというのは親の見栄以外のなんでもない。しかし、レストランに入るときなどは、にがにがしくスニーカーを見つめずにはいられなかった。

 

果たして、T君は途中、疲れたとか言いながらも、大人二人との旅を最後まで元気に歩き通した。

 

旅行から帰った日の夕飯後、T君の足から鼻がひんまがりそうな匂いが。

 

スニーカーを洗う。
真っ黒。
中敷きの下からは砂がざらざらと。

 

靴を洗いながら、私はどれくらい、彼のことを知っているだろうか、とふと思う。

 

言葉の不自由な英語スクールで、休み時間に'ここぞ 'とばかりに校庭を駆け回っていること。
旅先で、買ってほしいフェラーリ(ミニ・フィギュア;56ユーロ)は高すぎると言われて、諦めてさらにとぼとぼと歩く気持ち。
世界遺産だろうがなんだろうが、イタリアの街の景色とかは全然興味なくて、私の従弟宅で、ネコ2匹をじゃらしながら走り回ったことが、一番楽しかったこと。

 

スニーカーに残ってる砂のひとつぶのほうが、まだ彼の気持ちをよく分かってるじゃない?
と、あまりに汚れたスニーカーから流れ出る砂と汚れ、気づけば私には涙が流れて、そんなことはどこを吹く風、元気で陽気なT君の声が聞こえる夜。

| | Comments (0)

Niteco Running

Niteco_run_1226_600 冬休みに入ったばかりの息子T(小3)を誘って、久々に家の近くの池周りを走ろうと思いました。
そこへちょうど、学年で1番足の速いR君が遊びに来たので、3人で走りました。

二人には、到底かなわないと分かっていたので、後ろからゆっくりついて走り始めたとき、R君のフォームの美しさにみとれました。シューズの裏がはっきりと見えるくらいに足が地面を蹴り、脇はしまっていて、肩の力が抜けた軽やかなリズムに、さらさらヘアーが心地よさそうに揺れていました。

こども達は一周で帰ってゆき、私はすぐに疲れて、歩いたり体操したりしながら三周池を回りました。

1日中、2階からは楽しそうな声が聞こえ、1階にいる私の仕事は思いのほかはかどりました。

昨日もR君が遊びに来ていましたが、帰り際に「メリー・クリスマス!」と言ってくれました。
今年、彼には大変な悲しみがあり、
私こそ、それを先に言うべきだったのに。

私は、感動している。
Photo
クリスマス・クッキー;'pepparkakor' made by Shizuka


| | Comments (0)

ウィークエンドは「限りなくKEPOPOライブ」へ

Mimitohikari風呂上がりのタキチくん、小さい懐中電灯を片耳にあて、
「見えてる?」
耳は、まっすぐなトンネルではないのだよ。

いよいよ明後日から。
限りなくKEPOPOライブへぜひ、お越し下さい。

●11/4 (金) 大阪 JAZZ-ON TOP ACT3
http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm

●11/5 (土) 神戸トアロード BIG APPLE
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/

西島  芳 (piano/vocal)
中島かつき (e-bass/vocal)
沼直  也 (drums)


| | Comments (0)

9/7(水) SOLOライブ

Sakadachipeaceフリー・インプロヴィゼーションを中心としたライブシリーズ:素描 - dessin - vol.5はピアノ・ソロです。ここまでにそれぞれに魅力的なメンバーとの共演を経て、一度初心に戻るつもりで、心静めて演奏したいと思います。
ぜひお越し下さい。

9/7(水)  19:30 start
神戸トアロード BIG APPLE

Adv.1,700 yen  door.2,000 yen
+1Drink(¥500〜)Order

ご予約はこちら
TEL & FAX (078) 251-7049
big-apple@i.bekkoame.ne.jp

| | Comments (0)

より以前の記事一覧