母の日とその翌日

Mothersday 夕方、ご飯を作っているとき、小五になった息子が一日遅れの母の日のプレゼントを差し出した。
その辺りで摘んできた花束。そのうちの一輪は、どう見てもお隣の庭に咲いていたシャクヤクなのだった。
しかし当人は、うちの庭との境界に咲いていたと言うので、それ以上追求はせず。

あとでお隣にこっそり電話してことわったら、どうせ切ってあげようと思っていたとおっしゃる。たしかに、昨年も、その前にも頂いたのだった。

昨日は、彼のサッカー試合を応援に行ったり、夕方には自分の音楽の時間もとれて良い日曜日だったのに、一日の終わりになって、どでかい雷を落としてしまった。
あとで思えば、そんなに感情で怒るよりほかに方法があっただろうと思って、大変に後味が悪かった。

礼儀や行儀、ゲームや携帯のことなど、自分に責任を感じるからなおさら、聞く耳をもってくれるうちと思ってつい、がみがみ言ってしまうけど、

「(シャクヤクが)めっちゃ薫るなあ」 と鼻をくんくん無邪気に問いかける息子が、心の底から愛しいのであって、どうやったらあんな鬼婆になれたのか、今となっては別人のように思うのが常である。

自分の母親にはメールしただけの私に、もったいない宝。
しれっと宿題をしている。

| | Comments (0)

似顔絵

Kaorimusic_byt

図らずも、どや顔になっていたらしいです。

たしかに、今日は朝8時から夕方5時過ぎまで、ピアノ室にこもって音楽を試みていました。
しかしこれは、全く身に覚えのない姿です。

まだまだ精進が必要だと肝に銘じさせて頂きます。

| | Comments (0)

Niteco Running

Niteco_run_1226_600 冬休みに入ったばかりの息子T(小3)を誘って、久々に家の近くの池周りを走ろうと思いました。
そこへちょうど、学年で1番足の速いR君が遊びに来たので、3人で走りました。

二人には、到底かなわないと分かっていたので、後ろからゆっくりついて走り始めたとき、R君のフォームの美しさにみとれました。シューズの裏がはっきりと見えるくらいに足が地面を蹴り、脇はしまっていて、肩の力が抜けた軽やかなリズムに、さらさらヘアーが心地よさそうに揺れていました。

こども達は一周で帰ってゆき、私はすぐに疲れて、歩いたり体操したりしながら三周池を回りました。

1日中、2階からは楽しそうな声が聞こえ、1階にいる私の仕事は思いのほかはかどりました。

昨日もR君が遊びに来ていましたが、帰り際に「メリー・クリスマス!」と言ってくれました。
今年、彼には大変な悲しみがあり、
私こそ、それを先に言うべきだったのに。

私は、感動している。
Photo
クリスマス・クッキー;'pepparkakor' made by Shizuka


| | Comments (0)

ウィークエンドは「限りなくKEPOPOライブ」へ

Mimitohikari風呂上がりのタキチくん、小さい懐中電灯を片耳にあて、
「見えてる?」
耳は、まっすぐなトンネルではないのだよ。

いよいよ明後日から。
限りなくKEPOPOライブへぜひ、お越し下さい。

●11/4 (金) 大阪 JAZZ-ON TOP ACT3
http://www.jazzontop.com/shop/act3.htm

●11/5 (土) 神戸トアロード BIG APPLE
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/

西島  芳 (piano/vocal)
中島かつき (e-bass/vocal)
沼直  也 (drums)


| | Comments (0)

9/7(水) SOLOライブ

Sakadachipeaceフリー・インプロヴィゼーションを中心としたライブシリーズ:素描 - dessin - vol.5はピアノ・ソロです。ここまでにそれぞれに魅力的なメンバーとの共演を経て、一度初心に戻るつもりで、心静めて演奏したいと思います。
ぜひお越し下さい。

9/7(水)  19:30 start
神戸トアロード BIG APPLE

Adv.1,700 yen  door.2,000 yen
+1Drink(¥500〜)Order

ご予約はこちら
TEL & FAX (078) 251-7049
big-apple@i.bekkoame.ne.jp

| | Comments (0)

宿題、「けんばんハーモニカのれんしゅう」

Melodian火曜日。例によって父子寝静まる家に帰ると、鍵盤ハーモニカを練習した形跡あり。
最近新たに発覚した夏休みの宿題に、あった。私なら何度かタキチに借りて吹いたけど、私がしたってダメなのであって。
なぜか父子は1階と2階に別々に寝ており、練習をめぐって喧嘩でもしたのか?

今夜のホテル・ラウンジには、たまに見えるお客さんが、なんと中学3年の娘さんを連れて聴きに来ていた。いつもはちょいワルおやじみたいな感じだけど、今日はパパの顔。

小学校で購入した鍵盤ハーモニカは、ヤマハでなくスズキだったのは意外な感じがした。

| | Comments (0)

夏休み半ば、宿題続々発覚!

Kosaku_2素描vol.4 無事終了しました。

この素描シリーズは3.11に背中を押され始まり、想いは回を追うごとに増しています。それがいつも上手くMCで言えてない気がする。そんな今日は8.15。
日本という国に生まれた者ととして、様々な思いが巡ります。

「3.11という出来事と自分が共にある」。いま思いつく限りで、いちばんしっくり来る言葉です。

ギタリスト清野拓巳氏を迎えた今回、大変充実した内容になったと自負しています。
清野さんの音は、全てを包み込むように温かい一方で、噛み付かれそうに鋭い。
でもそれらの音全てに深い「愛」が感じられるのです。だから何が起こっても痛いという感覚がない。

その素晴らしさを確かに共有する人たちと場所の中で演奏できるなんて、本当に至福だと思う。
続けられる限り、このシリーズを続けたいと思います。
どうぞ応援してください。

夏休みも折り返し地点。とりあえず工作終了。ちょっと手伝っちゃったー!

| | Comments (0)

あゆむ

Ayumi小学校一年生の終業式を終え、初めの通信簿を持ち帰ったタキチくん。
それは、「自分の子が第三者によって、ある基準のもと、評価をされる」という、親としても初めての経験。
そうだよなあ、これから大勢の子どものうちのひとりとして、何度も何度も他人に評価されたり試されたり、の連続なのだなあ、まだ小さいのになんだか過酷だなあ、なんて思ってる私は、この競争社会では完全に出遅れてる親なのでしょう。
そうは言ってもねえ、、
周りの評価を謙虚に受け止めつつも、とにかく、わが道をあゆめ!タキチ!

| | Comments (0)

父子カブトムシをGet

Kakogawa0710加古川松風ギャラリーでの山口和也ライブペインティングを終えて。
一緒に演奏するのは鳥肌ものでしたが、なにより山口氏の製作がまったく音楽そのものだと感じました。
Kazuya Yamaguchi live painting / Kaori Nishijima piano improvisation July10, 2011

| | Comments (0)

父子カブトムシ捕獲に失敗

Azumasan_2来る7/24素描シリーズ3で踊っていただく吾妻琳さんと打ち合わせ。昨日と同様に、共演者との初対面だった。
どちらも、当日は即興なので、リハーサルというより、お互いを知り合うために会った感じ。即興のパフォーマンスには、信頼関係が不可欠だと思う。
他者と共に即興をする際、「さてはこの人たち煮詰まってるな〜」と感じさせる場面をさらけだすのが嫌なので、いくつかの枠組み(大体の時間とか、始まり方と終わり方とか)を決めることが多い。最低限の制約を設定することで、最大限の冒険と自由を狙っている、、つもり。
吾妻琳さんは帽子が似合う。

素描シリーズ3  improvisation piano×dance July24, 2011@BIGAPPLE Kobe

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧