2022年ソファの虎は

Img_5168  
1月も終わろうとしていますが、2022年初めてのブログ更新となります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

頂いた年賀状を楽しんでから、さあ今年はどんな絵柄にしようかなと、お絵かきセットを引っ張り出すのが恒例の元旦の過ごし方で、私はこれが好きです(当然ご挨拶は遅れる)。

今年は下絵だけまず描いたのを印刷して、一枚ずつ色鉛筆で塗り絵してみました。楽しすぎる。同じ下絵なのに虎が太ったりちょっとだけ横向いたりする。

Autumn2021

2021年は一昨年に引き続き、世界中がcovid-19の影響にさらされる中、個人的にはひたすら『学びと模索』の年でした。

演奏活動が20年を迎えた3年くらい前から、今の音楽活動にもう一つ軸が欲しいと考えるようになりました。

自分が納得できる音楽を、自分のペースで丁寧に作り続ける、これはずっとやってきたつもりで、ライフワークとしてこれからも続けるつもり。

もうひとつの軸、をどこに定めるかまだまだ模索中ですが、
#コミュニティ#学び#即興#音楽づくり 

などがキーワードとして浮かんでいて、豊富なオンライン・イベントの恩恵もあり、「コダーイアプローチ指導者養成講座」「地域音楽コーディネーター養成講座」などを受講しました。また、年明けには「日本即興音楽学会」で人生初の学会参加(これもオンライン、私は人の発表を聞いただけですが)。
これまで「ガッカイ」は私にとって、「旦那さんの出張」とほぼ同義語でしたが、へ~こんな感じなのか~と期せずして夫婦の話題が広がる効果もありました、笑

今年は、学びを続ける一方、どんな小さな一歩でも、実践に踏み出せたらと思います。

Lina_project2021

一方、海外に出られない状況が続き、海外への思いはどんどんふくらんでいます。

愛しいスウェーデンとの繋がりでは、シンガーのリーナ・ニーベルグが彼女のプロジェクトに誘ってくれて、参加することが出来ました。

南アフリカ、エジプト、チェコ、アイスランド、イランなど世界のいろんな都市に住むミュージシャンがいくつかの質問に答え、それをヒントにリーナたちが歌詞を作って音楽にするというもので、私の答えからは「鎮守の森」というフレーズやイメージが心に響いたらしく、「chinju no mori- kusuno ki no shitade matteimasu(鎮守の森、楠の下で待っています)」などリズミカルに歌われていました、音声を送って発音を教えたり、すごく面白かったです。

また昨秋には、青木香、レティシア・ベナの3人で作ったアニメーションが大阪堺のギャラリーで展示され、パリ在住のレティにビデオ動画を撮って様子を伝えました。離れていても瞬時に気持ちを交わせるのは嬉しいことです。

Img_5255


思いきってスウェーデン語を習い始めたのと、英語の学習にもあらためて力を入れています。英語は、ieltsという検定で6.5以上が目標です。

ieltsの6.5というのは、ある海外の大学院に必要なスコアなのですが、年末に初めて受けた結果は5.5(もちろん勉強してから受けた)、、しかしそれが現実。
スコアもさることながら、学習を兼ねて読む英語のエッセイや、音楽教育に関する本や論文などには、まさにタイムリーだったり興味深いものが山ほどあり、これらがスラスラーっと読めるようになりたい!!

そんなウズウズ、ノロノロを傍目に、高校2年の息子が短期留学でカナダへ飛び立ちました。あれいるこれいらんと荷物を一緒に詰める作業をしましたが、それだけで私まで海外旅行きぶん。

2ヶ月という短い期間ですが、たくさんの経験をしてきて欲しいと思います。

Img_5169

元旦、年賀の虎をピンクに塗ってみたのが気に入って、息子に見せたところ、
「良いやん。・・でもこの虎酔ってへん?夜10時ごろソファにおるやつやん」。
今頃どうしてるんだか。
寂しいのを悟られないよう、虎の威でも借りないと。。

| | Comments (0)

TIMELESS

Tempimage5ks1js

住空間のインテリアに対する北欧の人々の思想に惹かれ、御影を経て夙川で営まれているインテリアショップTIMELESSさん。
ご縁があって、CDbook「SONONI Laetitia Benat」をお取り扱いいただくことになりました。

ただでさえCDというものが売れない時代に、さらに売れにくいものを作ってしまうのはこれが初めてではなく、2011年リリースの「カゾクゾウノ旅」しかり。
PVはこちら
https://youtu.be/wWkZyS4oXmo
 

でも、どちらも好きなものを気が済むまで詰め込んだ渾身作で、「好きなように描いて幸せに死ね」と言ったヘンリー・ミラーさんもきっと頷いてくれると思うし、どちらもゆっくりではありますが、素敵なご縁を呼ぶ特徴があります。

先月にも、昨年に青木香さんとLaetitia Benatとで作ったアニメーション「羽化」を、南島大バザール(11月のブログをご参照ください)に出品した際に、このアルバムも取り上げていただいたり、2017年リリースのこの作品がゆっくりではありますが、素敵な方々の手に渡っていくのを本当に嬉しく思います。

 

さて、いくつもの偶然で繋がったTIMELESSさん。数日後にお店を訪れた私は、実はソファを物色するつもりでした。

がしかし、到着後まもなく「本当に必要なのはソファじゃないのでは?」となりました。

とても素敵な椅子の数々と、オーナー市村さんの合点納得のお話し、、

Tempimagedy56wo

ああ、椅子がほしい。
特にあの椅子がほしい。
あの椅子さえあれば、旦那さんにソファを奪われなくていい、もう仰向けやら腹這いやらで本を読まなくていい、音楽だって窓からの景色だってゆったりと堪能できるに違いない、、、

ああ、椅子がほしい。

となっています。

椅子?いや素敵な時間を買うのだ!と、新しい楽しみができました。

(TIMELESSさんから宣伝料とかもらってるわけじゃないです、念の為)。


TIMELESS 
オフィシャルサイト

http://www.timeless-kobe.jp

Tempimagevkqkyv

 

| | Comments (0)

アニメーション「羽化」が羽ばたきます@天秤堂

_o
_u
昨年制作したアニメーション「羽化」が、大阪・堺で行われるイベントで上映されることになりました。

ちょうどコロナが世界中で流行り始めた頃に、近況を報告しあったことがきっかけで生まれた作品です。明確な発表の予定があるわけでもないのに、最初の緊急事態宣言下で「今できることをやりたい」という気持ちで、パリと大阪、兵庫間でビデオ会議しながら作ったものが、こうして手を離れて上映されることをとても嬉しく思います。

私もイベントの全体像や詳細など把握できてないのですが、
何やら一言では表せない面白そうなイベントですので、土曜日の早い時間から遊びに行く予定です。

 

天秤堂/「天秤と沐浴」展
LIBRA and BATHING

2021年11月20日(土)~21日(日)10:00~16:00

青木香 /アニメーション
レティシア・ベア/作画:
西島芳/音楽

ギャラリー大-dai @dai_antiques
大阪府堺市堺区南島町2-51-1-4

問い合わせ:天秤堂/南島バザール 072-238-4901

 

以下、天秤堂さんの山本豊子さんより

私はユノカ・ラボで花井と一緒に石鹸製造をしながら、現代美術をしてきたのですが、今回美術企画などを行う天秤堂を立ち上げました。南島大バザールでは、一回目の企画として南島にできたばかりのギャラリー大-daiさんとユノカドを使って「天秤と沐浴」展を企画しました。今回は縁あって出逢った3人の作品をご紹介します。ギャラリー大さんも今回が初めての展示、この機会に外の景色とは全く違う異空間をお愉しみください


南島バザールについて↓

Ban_01 Ban_02

 

 

| | Comments (0)

あとで思えばゆかいな気もする日

Drive_1021

火曜日、秋晴れ、爽やかな朝。まずはいつもきちっと練習してくるマダムSさんのレッスンをして、その流れで家中の窓や開口部を開けて掃除、さらに食料品の買い出しにも出かけて、いざ音楽へと整ったところに、息子から電話。体育で足を痛めて電車で帰るのムリやから車で迎えにきて欲しいと。

 

私の苦手なこと、その一つはクルマの運転。

息子の高校は神戸市中心街から少し離れた人工島にあり、我が家からは車で40分程度か。その高校へ車で行ったことはまだない。

不安ではあるが、ここは息子のため、助けに行かねばとナビに住所を入力して勇んで出発した。

至ってシンプルなルートなんだから、という願いも虚しくそのたどり着けないことったらなかった。

 

人工島に渡るあたりで日が暮れはじめ、心までなんか暗くなった。というのも大きな橋を神戸港を見ながら走ると思っていたのに、予想もしないトンネルに誘導され、周りは噛みつかれそうなダンプばっかりが飛ばしてて、それだけで怖い。そしてトンネルを出るなり、あり得ない方向に曲がるよう指示が。方向音痴の私もさすがに反対にハンドルを切ると、困惑したナビがやたら饒舌に指示を重ねてくる。

私が住所を入力し間違えたために、闇の倉庫街みたいなところにナビゲートされていると分かったのは、だいぶ後であった。

 

いや右や、いや左やと言われるうちに、またその暗黒トンネルへ。つまり三宮に逆戻り。でもちょと止めて確認するには車線多すぎるし、とりあえずナビのいう通り左折したとこに「→姫路」という文字が目に入った瞬間、「母ちゃん無理やったごめーん」とあとで息子に謝ることにして、もう帰ろうとも思ったけれども、無邪気に母ちゃんの迎えを待つ足を痛めた息子の姿が脳裏をよぎり、、、

これ以上の右往左往は、もううっとしいと思うので割愛しますが、突如としてイメージしていた大きな橋にいざなわれ、無事人工島へ渡り(その後も実は迷うのですが)、息子に遅れると伝えた時間をさらに30分ほど遅れて、たどり着きました。

 

ピックアップした息子は特にしんどそうな様子もなく、いつも通り元気に喋ったり歌ったりする。しかも意外とスタスタ歩いているではないか。「?」とも思ったが、足が痛んでぐったりしているよりは良いことなのであって。ご飯を用意してくれていた旦那さんも「よかったよかった」と笑っていた。

 



| | Comments (0)

なんか作った日はいい気分

Dsc02204
最近、空がとても綺麗に見えます。旦那さんが0秒で通勤、帰宅できるので(今は週の半分は家で仕事)、私の家事時間がずいぶん減りました。
とは言え、あまりだらしなく過ごしていれば、家族に「いつもこうだったのか、、」と思われてしまうので、ピアノの部屋でゴニョゴニョやっているうち、いくつかの新しい試みが動き始めました。

離れた状態で何かするしかないと決めてしまえば、逆にどれだけ離れてるかということは余り関係なくなります。
海外を含め、何人かの美術家と進めていることがあり、それらはとても新鮮で楽しい。今のところ不便も余り感じない。
しかしがっつり音楽家どうしとなると、一緒に演奏するより面白いことが思いつかないので、今は一人で出来ることをやっています。
Jacket_2

それにしても、これらの作業のツールは全てコンピュータ。2月末に買い換えたMacbookを触らない日は1日もなく、zoomミーティング、自宅録音や編集作業、動画作成などなど。これがもう、勉強勉強、また勉強、、、。会得したと思っていたソフトでも、アップグレードされているからまた勉強。ちなみにオンライン飲み会だけは、すぐに慣れました!


一方、延期になっていたプロジェクトも、それぞれ次の判断をする時期が来ていて、こちらは新しいことを始めるのとはまた違ったエネルギーが要ります。前向きに考えようと思っても、ついため息が出ることも。


高校一年になった息子は、先週から、それまでのオンライン授業ではなく、実際に登校を始めました。まだ半日ずつですが、いきなり通常授業よりペース掴むまでは良いかもしれない。今でもちょっぴりしんどそうです。
でも、避けては前に進めないのだから、がんばれ。
私も、コロナ前より自分が賢くなったと思えるように、ちょっとずつ前進あるのみ!

昨日作った音源です。音楽はもちろん、料理でもマスクでも、なんか作ると気持ちがせいせいします。

短編ですが、よろしければお楽しみください。

https://youtu.be/bgU47N0j_9E

 

| | Comments (0)

think think...Think!

Kitsuneno_png 先週末になりますが、雨が降っているのに西の空は夕焼けという珍しい夕方がありました。しばらく使ってなかった一眼レフで撮りました。

庭に初めて咲くオルラヤは、最初はもったいなくて一輪切るのも勇気が要りましたが、惜しげもなく次々と咲いていく姿に、繊細な花や葉の底にある強い生命力を感じます。

植えるなり台風が来たり、異常に暖かかったりしても、しっかりと使命をまっとうしています。すごい!

Oruraya_0320_pig 家にいる時間が長くなっていますが、全部悪いことばかりではないです。

 

新型コロナウィルスの感染対策をめぐって、これまで考えたことのなかった事をいろいろ考えさせられています。

不確かな情報も多いなか、ドイツのメルケル首相の演説がすごく印象的でした。国が違うのだから状況も違うとはいえ、これくらい分かりやすく方針を示してくれたら、いち市民、いち母、いち音楽家として日々判断を下さねばならない場面でも、迷いが少なくなります。メルケルさんが、こんな状況のなか頑張っている(ざるをえない)仕事の方々への感謝の言葉を忘れなかったことも素晴らしいと思いました。

 

全文翻訳のリンク

 

https://www.mikako-deutschservice.com/post/コロナウイルス対策についてのメルケル独首相の演説全文?fbclid=IwAR1k8UASRDoj6kVegz7tH-4-DLjq5hE0p8ShbhI49TANaK8ihbShr1VlbUw

 

私も予定していたライブや海外とのプロジェクトが延期になったり、音楽活動への影響が出ていますが、この機会に、ここ2,3年先延ばしにしてきたソロ・プロジェクトに着手することにしました。

今日は、先日神戸100BANホールで真夜中に録音したピアノに、自宅で声を録音して重ねる作業(独りで出来る環境です、この環境を作ってくれた全ての方々へ感謝します)へ。

Dsc02159 ライブが出来ないとき、音楽家にできることはなんだろう?

新高校生活を迎える息子のためできること、息子自身ができることは?

またこのような事態が起きたとき、もっと迅速に判断するには?

 

いつも社会を支えてくれる人たちにあらためて感謝しながら、自分ができることを一つでも考えて実行!

Oruraya_0320_2_pig

 

| | Comments (0)

お・る・ら・や

Oruraya_700
10年以上放置していた庭を一念発起して手入れすること13ヶ月。
オルラヤという花が咲く。嬉しくて一輪だけ切って描く。

 

| | Comments (0)

HAKUSAI

丹波育ちの、とても美しい白菜を頂いた。
Hakusai_700

| | Comments (0)

この夏の変身

2019summer_web


中三の息子が剣道部を引退した。県大会出場をかけた最後の試合は、いまだ私が見たことのない凄みの立ち昇る真剣勝負で、正直、私は息子に惚れ直した。

初心者として入部した中学剣道部は、大変熱心な顧問の先生の指導のもと遠征も多く、5時台に家を出ることも。まだ暗い中、竹刀や大きな防具を下げて出て行く姿は、行かねばならぬお侍のようで、おっかさんは見えなくなるまで見送ったものだ。

剣道という武道のコスチューム性によるところもあるが、普段は陽気でヤイヤイとした息子や部活仲間が、面を着けるやいなや「変身!」する。
表情が見えないからこそか、本当に強い選手には、ちょっとした立ち居振る舞いに不思議なオーラを見ることができる。静かで不動の何か。

息子は大将なので、団体戦では5人目最後の勝負、大抵の場合、相手の大将からはだいぶイカツイ気が出まくっている。
体当たりをくらい、ひっくり返って後頭部を強打したこともある。

逃げも隠れもできない試合の始まりはしんとして、何ならおっかさんも竹刀持って相手の背後から加勢したいところだが、実際には胸をきりきりさせながら祈るのみ。剣道では声援は送らず、ただ拍手で応援の意を示す。だから試合が終わると、私はやっと呼吸再開して、やたら手のひらが痛がゆい。

県大会出場校を決定する試合の日、一回戦を勝ち進んだものの、二回戦の相手は市内大会で優勝した強豪校。「もはやここまでか」なんて一瞬でも思ったことを、私は後悔することになる。
5人とも粘るはねばる。腹を据えて120%の力を出し切った、本当に気持ちのまっすぐな素晴らしい戦いぶりだったからだ。
試合直後は悔し涙もあったようだが、みんなで出てきてくれたときの笑顔の輝きといったら。

「ここまで」じゃなくて、「ここから」だったのだ。
いま持つ力を出し切るって感覚、自分にはあるんかな?なんて考えながら。
深く感動して、1ヶ月たった今も胸が熱くなります。

さて、部活を引退したら今度は受験生に「変身」です。
着けたら勉強モードになる面、どっかに売ってたらいいのにね。

| | Comments (0)

新春のご挨拶

2019newyear

新年あけましておめでとうございます。

随分と久しぶりのブログ更新となってしまいましたので、昨年を振り返りながら新春のご挨拶をさせていただこうと思います。

昨年は、これまでより多くの方々と関わりながら創るコンサートが、いくつかありました。

そして、そこに至るまでには、無理せず自然に、継続的に、でもひたすら真摯に演奏を重ねるためになくてはならないお店や、人の支えがありました。

2018年2月、結成3年となるアンサンブル・シッポリィのアルバム・リリースと発売記念ツアーに始まり、春にはトリオSONONIの津山ピアノ工房アムズ・コンサート~関西ツアー、夏には、半年以上かけて企画を練り上げていただいた舞鶴での「蔵っとほろ酔いAbout Music Night」にシッポリィで出演。シッポリィは、このほか大阪堺のスピニングミルや星ヶ丘ソーイングギャラリーに初出演、それぞれコンセプトをもってお昼間のライブをしました。

夏の終わりには、恒例の単身スウェーデン・ツアー、ストックホルムとイエーテボリで馴染み深くなってきたメンバーや場所で演奏。

Img_2536

 

本番の様子すこし

イエーテボリでは、ここ数年コラボを続けてきた画家のMonica Funckとのライブペインティングとともに、今年はドラムのAnders Kjellbergとのデュオで演奏しました。

 

そして秋、今年の一大イベントとなった、ボーヒュスレーン・ビングバンド(BBB) 神戸公演。

10/17(水曜日)、170名以上の中高生、計734名の方に、スウェーデンの名門ジャズ・ビッグバンドのサウンドに神戸を拠点とする作曲家との共演を交え、聴いていただくことができました。

これはもう本当に神経が参りそうなくらい準備が大変で、自分の能力不足を日々突きつけられながらも、予想もしなかった多くの方のお力添えを得てこその成功でした。それだけに手ごたえはずっしりと、思い返すたび違う角度から、いろんな反省や問い、そして次の目標や夢などが今現在もなお、秩序なく飛び交っております。

Img_0305

Img_2632

BBB神戸公演は、コンサート全編を動画編集中ですので、完成次第アップします。

偶然にも10月にはほかにも北欧からのミュージシャンとの刺激的な共演があり、11月末に東京でふたつのレギュラートリオ;SONONIとtriogyで下北沢アポロ、新宿ピットイン3本のライブを終える頃には、もう今年の仕事納めみたいな気分になっていました。

12月はひたすら家のことを。料理のほか、庭の手入れや花木、土にふれることがとても心地よかった。元ママ友やご近所とのおつきあい、新しい出会いなども、心から愛しく感じられました。

Img_2749_4

ーーー

そんなこんなで年は明け、2019年が始まりました。

ここ数年、冬季はライブも少なく、ゆっくりと冬眠的な生活を送る傾向にあった私ですが、例年に増してまだしばらくゆっくりせよという心の指令を強く感じますので、それに従いたいと思います(怠けてるつもりはないし、それなりに焦りもある、 笑)。

一方家族は、、

これまで音楽に特に興味を示さなかった中2の息子が、クリスマスにエレキギターとアンプを購入。

ここ数年、地域の少年サッカーチームのコーチで忙しかった旦那さんが、来春コーチ引退。

さて家族で3ピースのバンドでも結成しますかねえ。3人ともギターやりたいと言ったらどうなるんだろうか?

最後になりましたが、こんな気まぐれなブログを訪れていただきありがとうございます。

応援してくださる全てのみなさまに、心より感謝いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

<2019年 ライブ情報>

2019年 1/21(月)のアンサンブル・シッポリィ ライブ

大阪大正studio Tbone 20:00 start

詳細は近日中にお知らせします。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧