« 春雷に | Main | シッポリィのGWライブご案内 »

リアルカオルノノマス

Dsc06576

先日のイベントについてブログに書こうとして、ふとカオルノノマスについてまだブログで記事にしたことがなかったと気づく。少々遠回りしたりしそうですが、よろしければお付き合いください。

イベント当日の写真を織り交ぜます。
photo by Nakajima Norihide and others

L1153125

「kaolunonomath(カオルノノマス)」*カオリの呑ます・・という駄洒落を言った友がいましたが、別にそういう意味はないです。

L1153086-2

このユニットは、升田学(針金アート、ダンス、グラフィックデザインほか)野内俊裕(ギター、サンプリング、楽器創作ほか)とわたくし西島をメンバーとして、「このメンバーで何かやりたいですね」と意気投合するがいなやコロナ禍で往来もままならず、アイディア交換のようなことをインスタグラム上で公開しながら一年ほど続けてきました。

Kaolunonomath_image1
https://www.instagram.com/kaolunonomath/

ここまでに様々なアイディアや構想が錯綜し、さすがに会って実際にまずは何かやってみましょうやとなったところへ、ファッションブランドkkjkさん主催のアートイベントへゲスト出演の話があり、参加させていただいたのが先の日曜日のことでした。

 

関東在住の野内さんにこちらへ来てもらい、2日間のクリエーションと最終日にイベント参加というスケジュールの3日間、なんせ数週間おきにZOOMミーティングしてきたので、やっと会えたという気持ちと、しょっちゅう会っている人たちのような、不思議な感覚がありました。

L1153127

イベント会場は川西市にあるwedge、決して便利な場所ではないのにここでの催しは盛況なことが多い。この日も、あいにくの雨にも関わらず、たくさんのアーティストによる作品とそれらを見ようとする方々で賑わいました。

私たちカオルノノマスがどこへ向かっているのかについては、まだ手探り状態に近いので、ここで詳しく書くことはできないのですが、期せずして出演させていただいたイベントを終えて思ったことは、コロナ禍を経て、私たちの感覚は敏感になったのではないかという希望でした。

L1153105

人に会って話すこと、一緒に食べたり飲んだりすること、生身の人間が今そこで演奏しているのを感じること、感じてもらってることを感じること、それらのために出かけていくこと、これらの楽しさやかけがえのなさ、その一方で、オンラインで出来ることが増えて、その中でどれくらい想像力を働かせてたくさんの感受を得るかということ、実際に会ってなくても私たちはそれを感じ理解し合えるということへの挑戦、、

L1153103

書いているうちに、なんだか大袈裟になってきました!

予想通り、全然カオルノノマスの紹介にはなりませんでしたが、この時勢があってこそ誕生したユニットです。
今後も発展させられたらと思っていますので、よろしくお見知りおきください。

前回のブログといい、まとまりません。そういうざわざわした季節なのかなあ。

|

« 春雷に | Main | シッポリィのGWライブご案内 »

Comments

The comments to this entry are closed.