« 10/25 同時配信ライブ開催のお知らせ | Main | 11/7 100BANホール音楽祭にソロで出演します »

あとで思えばゆかいな気もする日

Drive_1021

火曜日、秋晴れ、爽やかな朝。まずはいつもきちっと練習してくるマダムSさんのレッスンをして、その流れで家中の窓や開口部を開けて掃除、さらに食料品の買い出しにも出かけて、いざ音楽へと整ったところに、息子から電話。体育で足を痛めて電車で帰るのムリやから車で迎えにきて欲しいと。

 

私の苦手なこと、その一つはクルマの運転。

息子の高校は神戸市中心街から少し離れた人工島にあり、我が家からは車で40分程度か。その高校へ車で行ったことはまだない。

不安ではあるが、ここは息子のため、助けに行かねばとナビに住所を入力して勇んで出発した。

至ってシンプルなルートなんだから、という願いも虚しくそのたどり着けないことったらなかった。

 

人工島に渡るあたりで日が暮れはじめ、心までなんか暗くなった。というのも大きな橋を神戸港を見ながら走ると思っていたのに、予想もしないトンネルに誘導され、周りは噛みつかれそうなダンプばっかりが飛ばしてて、それだけで怖い。そしてトンネルを出るなり、あり得ない方向に曲がるよう指示が。方向音痴の私もさすがに反対にハンドルを切ると、困惑したナビがやたら饒舌に指示を重ねてくる。

私が住所を入力し間違えたために、闇の倉庫街みたいなところにナビゲートされていると分かったのは、だいぶ後であった。

 

いや右や、いや左やと言われるうちに、またその暗黒トンネルへ。つまり三宮に逆戻り。でもちょと止めて確認するには車線多すぎるし、とりあえずナビのいう通り左折したとこに「→姫路」という文字が目に入った瞬間、「母ちゃん無理やったごめーん」とあとで息子に謝ることにして、もう帰ろうとも思ったけれども、無邪気に母ちゃんの迎えを待つ足を痛めた息子の姿が脳裏をよぎり、、、

これ以上の右往左往は、もううっとしいと思うので割愛しますが、突如としてイメージしていた大きな橋にいざなわれ、無事人工島へ渡り(その後も実は迷うのですが)、息子に遅れると伝えた時間をさらに30分ほど遅れて、たどり着きました。

 

ピックアップした息子は特にしんどそうな様子もなく、いつも通り元気に喋ったり歌ったりする。しかも意外とスタスタ歩いているではないか。「?」とも思ったが、足が痛んでぐったりしているよりは良いことなのであって。ご飯を用意してくれていた旦那さんも「よかったよかった」と笑っていた。

 



|

« 10/25 同時配信ライブ開催のお知らせ | Main | 11/7 100BANホール音楽祭にソロで出演します »

Comments

The comments to this entry are closed.