« July 2020 | Main | November 2020 »

あとで思えばゆかいな気もする日

Drive_1021

火曜日、秋晴れ、爽やかな朝。まずはいつもきちっと練習してくるマダムSさんのレッスンをして、その流れで家中の窓や開口部を開けて掃除、さらに食料品の買い出しにも出かけて、いざ音楽へと整ったところに、息子から電話。体育で足を痛めて電車で帰るのムリやから車で迎えにきて欲しいと。

 

私の苦手なこと、その一つはクルマの運転。

息子の高校は神戸市中心街から少し離れた人工島にあり、我が家からは車で40分程度か。その高校へ車で行ったことはまだない。

不安ではあるが、ここは息子のため、助けに行かねばとナビに住所を入力して勇んで出発した。

至ってシンプルなルートなんだから、という願いも虚しくそのたどり着けないことったらなかった。

 

人工島に渡るあたりで日が暮れはじめ、心までなんか暗くなった。というのも大きな橋を神戸港を見ながら走ると思っていたのに、予想もしないトンネルに誘導され、周りは噛みつかれそうなダンプばっかりが飛ばしてて、それだけで怖い。そしてトンネルを出るなり、あり得ない方向に曲がるよう指示が。方向音痴の私もさすがに反対にハンドルを切ると、困惑したナビがやたら饒舌に指示を重ねてくる。

私が住所を入力し間違えたために、闇の倉庫街みたいなところにナビゲートされていると分かったのは、だいぶ後であった。

 

いや右や、いや左やと言われるうちに、またその暗黒トンネルへ。つまり三宮に逆戻り。でもちょと止めて確認するには車線多すぎるし、とりあえずナビのいう通り左折したとこに「→姫路」という文字が目に入った瞬間、「母ちゃん無理やったごめーん」とあとで息子に謝ることにして、もう帰ろうとも思ったけれども、無邪気に母ちゃんの迎えを待つ足を痛めた息子の姿が脳裏をよぎり、、、

これ以上の右往左往は、もううっとしいと思うので割愛しますが、突如としてイメージしていた大きな橋にいざなわれ、無事人工島へ渡り(その後も実は迷うのですが)、息子に遅れると伝えた時間をさらに30分ほど遅れて、たどり着きました。

 

ピックアップした息子は特にしんどそうな様子もなく、いつも通り元気に喋ったり歌ったりする。しかも意外とスタスタ歩いているではないか。「?」とも思ったが、足が痛んでぐったりしているよりは良いことなのであって。ご飯を用意してくれていた旦那さんも「よかったよかった」と笑っていた。

 



| | Comments (0)

10/25 同時配信ライブ開催のお知らせ

120126091_686786365555169_9088875125616800041_n  
今月こんなイベントにアンサンブル・シッポリィとして出演します。
配信の世界に飛び込む勇気がなく、その割に好きなミュージシャンのライブやお芝居などはしばしば観て楽しんでいるのですが、ピアニスト・コンポーザーの大前チズルさんにお誘いいただき、チャレンジすることにしました。
 
発信場所(演奏する会場)は、いくつかの忘れられないイベントをさせていただいたwedge(元HANARE)。
オーナーの西良さんは家具職人で、実は我が家では西良さんにこさえてもらったオーダー椅子に、朝晩と腰掛けて過ごしているのであります。2009年の絵日記から、すでにその椅子が我が家の一部である様子が分かります(椅子は実際にはもっと素敵です!)。
 
初めてのことで不安要素は尽きないのですが、やってみな何もわからん!ということで、来場、配信それぞれ、十分お楽しみいただけるよう知恵を絞って準備中、2つのバンドがクロスフェードするような仕掛けも考案中です。
 
周りのミュージシャンたちも、音楽を楽しんでもらう新しいカタチを、必死に模索しています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2020.10.25(sun) 16:00〜
 
「辺境ジャズ2@wedge」
・Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet
・アンサンブル・シッポリィ (Ensemble Shippolly)
 

■現地会場での観覧■
・開場 15:30
・開演 16:00
・料金 ¥4500(ミージックチャージ+ワンプレート+ドリンク)
*フード出店 guohan

広い日本家屋を使ったwedge会場内、お好きな場所から演奏を観覧いただけます。
ライブ終了後(18:00ごろ)、出演者を交え、ワンプレートディーナー&ドリンク付きのアフター・パーティーを開催します。
フード出店はgouhanを主宰する神林あい。作家活動も行う彼女の創作心溢れるおもてなしにご期待ください。
wedge
〒666-0017 兵庫県川西市火打2丁目15-24
090-3628-3017 (当日のみ)
https://www.studio-wedge.com/

※限定15名様(先着順)
ご予約・お問い合わせは西島まで
 
 
■配信での観覧■
・配信開始 15:50
・開演    16:00
・チケット ¥3000
Passmarketにてチケットをお買い上げいただくと、限定Youtubeリンクがメールにて送付されます。当日見逃しても2週間いつもご覧になれます。
 

配信チケットのご購入はこちら
https://bit.ly/3nhgL9X

イベントのPVはこちらに
https://youtu.be/oJpC4OOQ7CA  

 

_____________
バンド紹介
●Chizuru Ohmae A Piece of JAZZ quartet
 

2019年7月大前チズルのオリジナル作品集「ROYALFOLKS」リリースして約一年
国産ジャズ最重要アルバムとの評判も高いこのクァルテット
A Hundred Birdsオーケストラのピアニストとして長年生演奏でハウスを奏でてきたキャリアと歌モノ好きでダンスグルーヴすることが最重要な彼女にとって空間を美しくしつらえる現在でのベストなメンバー
大前チズル A piece of JAZZ カルテットは普遍的なJAZZの即興と時代の空気を反映しつつ歴史の区切りに放つスピリチュアルメッセージとも言える2020年、第二作を録音中
<メンバー>
大前チズル/Chizuru Ohmae(piano,voice)
武井努/Tsutomu Takei (Sax)
中島教秀/Norihide Nakajima(Bass)
清水勇博/Takehiro Shimizu(Drums)
 
 

●アンサンブル・シッポリィ (Ensemble Shippolly)

ピアニスト・作曲家の西島芳が率いる3つの管楽器と声、ピアノによるユニット
「息のかさなり」をテーマとし、ときに即興で、ときに緻密にアレンジされた楽曲を演奏
2018年にリリースした1stアルバム「VERY SHIPPOLLY」では立体的な編曲と即興性、斬新さと懐かしさ、繊細さとおおらかさなど相反する要素を包含するサウンドに、各種音楽雑誌のレヴューからも高い評価を得た
2020年12月2ndアルバム「DANCING SHIPPOLLY」リリース予定。
 
<メンバー>
西島芳/Kaori Nishijima (piano,voice)
武井努/Tsutomu Takei (tenor&soprano saxophone, clarinet, flute)
中山雄貴/Yuki Nakayama (trombone)
有本羅人/Rabito Arimoto (trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

Yamatake1

| | Comments (0)

« July 2020 | Main | November 2020 »