« Ensemble Shippolly レコーディングしました | Main | レビュー第1号 -京都 HiFi Cafe- »

ニューアルバム出ます「SONONI + Laetitia Benat」

前作「White in Dark」から4年ぶりに、アルバムが出ます。

 

2013年より漸次的に活動してきたトリオ;SONONIによる音楽と、パリ在住のアーティスト;レティシア・ベナによるデッサンと写真のコラボレーション作品です。

  8/9より大手CDショップとアマゾンにてご購入いただけます。 

    もし、ライブ会場、および西島の主宰するレーベルよりお買い上げ頂いた場合は、特典として、ポストカード3枚を差し上げます、送料も無料です!

レーベル直営のショップはこちらです→NITECO STUDIO & MUSIC ARTS

 

Img437

 

 

このCDブックレットを制作するにあたって、SONONIの音世界に現れる、限りなく無に近い微音、音を出さんとする気配、音の聴こえ方が一転したように感じる瞬間、そんなイメージをビジュアルで表現するなら、と考えていた時にレティの作品に出会いました。そのタッチに強く惹かれ、まずはレティ本人と会いたくて、演奏旅行でスウェーデンに滞在中の1日をパリ訪問に充てられると分かり、すぐにコンタクトをとりました。

 

当初コンセプトとして考えていたのはユング心理学の概念で「布置」というもので、一つ一つの事柄や状況が、それだけでは何の関係も意味もなしていないようであっても、あるとき、それらが一つのまとまりとして、全体的な意味を示してくる、それに気づくことができるようになる。」という意味合いです。

 

 創作のきっかけとなるツールとして、「ひび割れの枝わかれ」「落下する」などの何の脈絡もなく、単にふと思いついた言葉を並べただけのカード(イメージワード)を作って持って行きました。パリのカフェテラスで初めて会ったレティは、私とメンバーが先に出したイメージワード数十枚をテーブルに広げてみたあと、その場で思いつくままに15のワードを書き出しました。意味よりもフランス語としての響きが面白い言葉(encre marine)やイタリアの道化者(scaramouche)などについて説明もしてくれて、彼女の感性や感覚的なものを垣間みれたひとときでした。

 

それら合計100枚のイメージワードは、当初思い描いていた通りには機能せず、創作に直接的に結びつくというよりは、いま見えているもの、’洒落っけテンションのようなものを交換しあうコミュニケーション・ツールという違う形で機能したと思います。

 

 創作を終えて思うことは、私たちの音や絵や写真に加え、たくさんの消えていった(かのように見える)アイディア、文、音、絵、版画、この制作チームとの出会いや制作過程のすったもんだ、ひいては数年前からの欧州との関わり、といった事柄は、「ばらばらにも見えるものだけど、どこかで繋がって、いま目の前にひとつの作品がここにある」。「布置」は私にとって忘れられない言葉になりました。 

 

この作品を手にしてくださった皆さんが、これを自由に受け止め、末長く楽しんでくださることを心から祈っています。

 

____

追って、視聴や制作チームのことなどご紹介してゆくつもりです。

Cover_n2_3

My new album going to be released 9th Aug!

CD and Booklet (A5 size 64pages)

Drawing & Photo by Laetitia Benat

Music by SONONI

SONONI are;

西島芳/Kaori Nishijima (piano, voice) 

市野元彦/Motohiko Ichino (guitar)

外山明/Akira Sotoyama (drums)

1.ちいさいのうた (Syllabic Song)

2.Grand Night Out

3.Missing airport

4.瑞雨 (zuiu)

5.Dawn

6.Evening -Sytrsö-

7.With a Heavy Rain

保存保存

|

« Ensemble Shippolly レコーディングしました | Main | レビュー第1号 -京都 HiFi Cafe- »

Comments

The comments to this entry are closed.