« December 2013 | Main | February 2014 »

鳥になってみる  後記

鳥になってみる

どの方向にも開かれた 心身

どこへ向かうことも

とまることも

まつこともおそれずに

舞い上がったところから 目に映ったもの

写しとる ように

0111_fly_outline1227_3 ピアノとギター、ダンスによるライブ、即興ワークショップを2日間かけて行いました。

両日とも、故郷である福岡で、旧友でもあるダンサーの宮原一枝氏、イェテボリ、そして関西で共演を重ねているギタリストの市尾優作氏という、ふたりは初顔合わせながら、私にとっては信頼関係の確立した組み合わせで、楽しくないはずがないのでした。

2日目の即興についてのワークショップは初めての試みでした。
スウェーデン、国立イェテボリ大学音楽部即興演奏学科にて即興演奏を学んだ、ギターの市尾氏がイニシアティブをとってくれて、'ポジショニング'ほか、いくつかのアイディアを用いながら進めました。

主催者にとっても実験的な要素が多かったのですが、すでに広く活動されているダンサーや楽器奏者ら、いわば上級者が参加してくださったことにより、中身の濃い内容となったと思います。

Photo 新しく出会った方々とは、終了後、即興そのものだけでなく、活動を広げるうえでの課題などにも話が及び、とても有意義な交流となりました。

実家でお父さん特製のもつ鍋や、毎年食べて育ったお母さんのお雑煮を食べたり、従姉らの親戚にも会えたりしたのも嬉しかった。

ぜひ、福岡でのライブや企画を、また福岡に限らず共に学び合えるような機会を持ち続けていきたいと思います。

「鳥になってみる」 新春一番にふさわしかったです。
ありがとうございました。

| | Comments (0)

I wish you a Happy New Year /2014

Nenga_2014新年おめでとうございます。
皆さん、どんな元旦を迎えられていますか?

私にとって昨年2013年は、1年間滞在したスウェーデンに別れを告げ、気分新たに日本での生活を始めた年でした。

今までとは少し違って見える日本での文化や暮らしについて、戸惑ったり、考えることも多いなか、おかげ様で音楽活動を再開することが出来ました。
継続的に行っている「素描シリーズ」、「カゾクゾウノ旅」の続編ライブ、新プロジェクト「Co Göte (コ・ヨーテ)」。

そして、年の始めにスウェーデンでレコーディングした新しいアルバムが、私の望んでいた「出来るだけ多くのプロフェッショナルを巻き込む」という形で、10月にリリースされ、刺激的なスペシャル・メンバーとのツアーが出来たことは、特に大きな手応えを私に与えてくれました。

ゆったりとした年末年始を、家族とともに過ごしながら、ここまでの自分を支えてくださった方々への感謝の気持ちをあらためて感じています。
本当にありがとうございました。

さあ、2014年はどんな年になるでしょうか。
先ほど、近所の神社でひいたおみくじの結果は芳しいとは言えず、
「何事も他人に及ばず」とありました、、

でも!負け惜しみではなく、
他人に及ぶことより、これまでの自分に及ぶことが大切だと思います。

一日、一日、一音、一音が、これまでの自分より少しでも良いものになるよう、
努力し続ける、こうして生きていることに感謝し、謙虚さを忘れない、
そんな風に毎日を過ごしたいです。

毎年、掲げるだけになっている目標「減酒」については、少し真面目に取り組まねば。

宿題の習字をする息子に倣って、墨をすってみました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。乾杯!

| | Comments (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »