« イエーテボリ日記 361 搬出完了 | Main | イエーテボリ日記 363 もう一度、ただし一階下に帰る »

イエーテボリ日記 362 Moving!

木曜日 快晴 

I could see the spring on canal.
Ice and
I am moving now.
0328_canal_2
8:00 T君ホテルからスクールへ。

0328_done 10:00 セカンドハンド業者が来て、ベッドを引きとって行く。
アパートは、来たときと全く同じ、状態になる。
Bye bye Aschebergsgatan.
0328_housed
11:30 予想より早くアパートを引き払えたので、旦那さんとランチを食べる。
実に、スウェーデンに来て、初めての二人きりの外食だった。

近郊で穫れた野菜のみを使っているという、とても美味しいレストラン。こんな近所にあったとは!
http://www.wasaalle.com/

お迎えまで少し時間があるので、Göteborgs konstmuseum(イエーテボリ美術館)の企画展へ。
併設されているHasselblad写真美術館が、ハッセルブラッド財団のコレクション展示に変わっていて、どちらかというと、こっちを丁寧に見た。

0328_hassel_2 Lennart Nilssonという写真家による、ラップランド地方(スカンジナビア北部)の産婆さんを撮った写真が印象に残る。1500人以上のベイビーをこの世に取り上げた女性とのこと。

0328_school1 14:00 T君の通うインターナショナルスクールへ。

クラスで、お別れ会をしてくださる。
先週土曜には保護者がお別れ会を企画してくださり、本当に嬉しかったし、豪華なプレゼントまで頂いた。
今日は、Tから折り紙(シュリケン、ツルなど)とポケモンカードをプレゼント。
0328_school2
帰りには、クラスメイトがひとりずつ別れを告げてくれる。
'I'll miss you'とか、ハグしてくれたり、キスしてくれた男の子もいた(Tが思わず頬を拭くのを見た)。

先日けんか別れとなってしまったイラク出身のA君と。
0328_school3

15:30 日本人ママのひとりが、お別れ会を催してくださる。
以前、ピアノの練習もさせて頂いたお城のような邸宅で、こどもたちはイースターエッグのお絵描きを楽しむ。ママ達はおしゃべりをたくさん楽しむ。
0328_eggs10328_eggs2

19:00 旦那さんがお世話になったスウェーデン人の先生ファミリーが食事に誘ってくださる。
Tと同い年の女の子は、とてもシャイだったけど、Tが作るツルにちょこっとだけ興味を示してくれた。

21:50 公演が終わったばかりのイエーテボリ・ダンスカンパニーのダンサー達、バイオリニストのほか、仲良しのミュージシャン数人と落ち合って乾杯。

今日はこんなにひとに会えたのに、そのうちの何人かとは、さらに帰国までにまた会おうということになる。

02:35 ホテルにて。もう、殆ど思い残すことはないほどハッピー、たぶんハッピー過ぎるからだろうか、眠る気がしない。
どんな些細なことも、忘れたくない。
0328_eggs3

|

« イエーテボリ日記 361 搬出完了 | Main | イエーテボリ日記 363 もう一度、ただし一階下に帰る »

Comments

The comments to this entry are closed.