« イエーテボリ日記 357 Goodbye Party For T | Main | イエーテボリ日記 359 Death Metal »

イエーテボリ日記 358 key of life2

日曜日 晴れ 22時現在−3℃

今朝もニオが来て賑やか。私はもうすこし寝る。
まもなく静かになり、ふたりは階下で朝ご飯を食べたと思われる。
0324_1
12:00 Johannebergs Missionskyrka 教会へ、鍵を返しに行く。

11月に鍵をもらった時と同様に、日曜の礼拝が終わってみんながお茶を飲んだり、歓談しているタイミングに伺う。
ただし、あの日は横なぐりの雨でびしょぬれになり、冷えたせいか、ひどくお腹を壊したことを覚えている。でも、温かい人たちに練習場所を提供してもらえたことが、本当に嬉しかった。

もらった鍵はただの鍵ではなく、私が音楽に到達するための鍵だった。

うってかわって、今日はよく晴れた気持ちの良い日。
お世話になった人たちにお礼とさよならを言う。お別れのカードを頂いた。

金曜日に拭いたピアノを遠くから見る。今日はもう弾くこともない。
みんなに囲まれていて、自分は話しかけることの出来ない恋人を、遠くから眺めるような感じ。

淋しいとはあまり思わなくて、ただ胸がいっぱいで涙が出た。
行きも帰りも、バスに乗らず歩く。
いろんなものを見逃したくない。
0324_2
0324_3
16:30  愛する隣人;階下のニオファミリーを、夕ご飯(手巻き寿司)に招く。
これは最後の夕飯になるだろうか。

ニオとTのことを思って書いた曲 'Neo' を弾いて歌った。
遊ぶのに忙しい子ども達は興味ないだろうと思ってたら、ニオもTも近くに寄って来て聴いてくれた。
こんなとき、演奏中は心に、ある種のシャッターを下ろさないと弾いたり歌ったりは出来ない。
弾き終わると同時に、シャッターが上がり、やっぱり涙が出た。

It's time to go, I'm so missing you.
きみが好きだよ Neo.

めそめそは嫌いだ。
教会の鍵は返したけれど、私の手には別な鍵が残っていると信じることにする。

|

« イエーテボリ日記 357 Goodbye Party For T | Main | イエーテボリ日記 359 Death Metal »

Comments

The comments to this entry are closed.