« イエーテボリ日記 351 荷造りを始める | Main | イエーテボリ日記 353 hit the bottle »

イエーテボリ日記 352 上と下、下と上

月曜日 最低−6℃ 最高1℃
0318_m1
0318_m2
春を感じて薄着をしては、寒い目にあう今日このごろ。
08:30 教会へ。
スウェーデンでのコンサートや伴奏は全て終わり、ぼよよんとなるかなと思いきや、今日はまっさらに戻った清々しい気分で、ピアノに向かった。

同じ教会の二階で練習するオーボエ奏者と顔を合わせたので、少し話す。お互い練習の前後なので、いつも少しだけ。
下で弾いてるピアノのほうが音が大きいだろうし、上で練習する彼女の邪魔してるだろうなと、いつも思う。
でももうすぐ日本に帰るからね、と言うと、学生のときは、いつもほかの楽器の音が聴こえる環境で練習していたから、むしろ独りになるのは寂しいわ、と話してくれた。

今住んでいるアパートでは、我が家は最上階にあって、その一階下のファミリーと仲良しになった。一歳違いの息子とすっかり仲良くなった男の子ニオに、曲を書きたいと思って、弾き始めてみる。
今日も夕飯のあと、Tは上から下に遊びに行って、約束の時間になっても戻ってきやしない。
0318_up
教会からプールまで、今日は歩いた。
私の行動範囲だと、15-20分も歩けば目的地に着けるのは、イエーテボリの大きな魅力だ。

もうヒールのついたブーツでも、滑る心配もない。
トラムやバスだと見逃しやすい景色やお店も、目にとまるし、立ち止まったり、引き返したり。
タトゥーを施す店のウィンドウに鎧兜。
0318_ta_2

|

« イエーテボリ日記 351 荷造りを始める | Main | イエーテボリ日記 353 hit the bottle »

Comments

The comments to this entry are closed.