« イエーテボリ日記242 感謝してばっかりで、また感謝 | Main | イエーテボリ日記244 sun and shadow »

イエーテボリ日記243 通学路に分かれ道3) 小雪舞う

1129_wakaremichi 木曜日 一段と冷え込み 終日±1℃
新潟と同じくらいかなと思いチェックしてみると、最高11℃、最低4℃だった。

朝8時、教会へ。アコースティック・ピアノがあることに加えて、ここへ来た方が集中できることが分かったので、正味の時間は短くてもなるべく出掛けるようにしている。

今日も司祭が間もなく見えて、9時から予定があること、11時以降はずっと弾いてよいこと、そして早速「演奏の日を決めましょう」と言っていただく。

昨日は「in service」を無料、と思ってブログにもそう書いてしまったけれど、司祭の言われた「service」とは、日曜に行われる礼拝のことだと分かった。
ほかにも、私の役目の詳細、礼拝のどんな場面で弾くのか、どんな方が集まるのかなど、昨日はあいまいにしか理解出来てなかったことを、いろいろ訊いておく。

私には宗教がなくて、キリスト教のことも全然分かってないことを伝えると、
「なるほど。では音楽こそが私たちを結びつけたということね」。
素敵なことをおっしゃるものだ!

日本ではお寺で演奏したことがあって、それは無宗教の私であっても、とても特別な
ライブだった。今回もとても楽しみだ。演奏の日が来るまでに、一度礼拝に参加してみよう。

再び教会で弾く。1人になると、急に冷えてきて(こちらでは室内が寒いということはあまりないのに)、ダウンコートを着て弾く。今度はぽかぽかし過ぎて眠気に襲われ、とうとう終わりの20分間、神様の前で昼寝してしまった、、、。
1129_sora
14:30、お迎えに急ぐ道すがら、わずかに白いものが舞う。
10月25日に見た初あられ以来の雪。
しかし今日は寒いというより、痛い感じ。
帽子で覆っていても、まだ耳の中が痛いと思ったので、あわてて耳当てを買いに行く。

|

« イエーテボリ日記242 感謝してばっかりで、また感謝 | Main | イエーテボリ日記244 sun and shadow »

Comments

The comments to this entry are closed.