« イエーテボリ日記226 教会で練習 | Main | イエーテボリ日記228 つむじ風 »

イエーテボリ日記227 音楽学部/ハッセルブラッド

火曜日 晴れのち雨

11013_hassel 朝、英語サークル。ドイツおよびベルギー出身のふたりから'お国紹介'。

ベルリンの壁が壊れたまさにその瞬間、ベルリン在住だったという発表者から語られる話は、臨場感たっぷり。当日夜も、翌朝も、まだ何が起こったのか、誰も理解できなかったそうです。

ひとつになったドイツと対照的に、ベルギーは小さな一国でありながら、二つの文化圏に別れている。特に言語はますます二分化する傾向にあり、同じベルギー人同士のディナーでも、英語の会話になることもあるそうです。「へ〜」の連続。

昼、友人の計らいにより、イエーテボリ大学音楽学部の一室を借りて弾く。
小さいながらもYAMAHAのグランド・ピアノ。ありがたい。
1113_artisten 隣接するハッセル・ブラッド写真美術館で時間調整。

現在は、2012年のハッセル・ブラッド賞作品の展示。
1980年来、歴代受賞者の名前の中に、
1987 Hiroshi Hamaya Tokyo,Japan
2001 Hiroshi Sugimoto Tokyo Japan
と、日本のアーティストの名前もありました。
なんかやっぱ探しちゃうな、'Japan'を。

夜、再び大学へ。即興科修士課程の学生によるコンサートを聴く。
終演後、エフェクターをとても効果的に使っていたvoiceのひとに話を訊くと、興味があるならこの人を聴くといいわよ!と、博士課程にいるという人の名前をメモしてくれました。

イエーテボリ大学と学生さんにお世話になった一日。
学生と言っても、私が知り合ったひとたちは学外でライブをしたり、ミュージカルなどの仕事をしたり、すでに音楽活動を展開しています。

|

« イエーテボリ日記226 教会で練習 | Main | イエーテボリ日記228 つむじ風 »

Comments

The comments to this entry are closed.