« イエーテボリ日記220 通学路に霜降りて/続・英語 | Main | イエーテボリ日記222 「重み」で思い出したこと »

イエーテボリ日記221 風邪に隙を与えない

水曜日 曇り

1107_3 朝9時、レコーディングの件で日本へスカイプ。冬時間の現在は時差8時間なので、日本は夕方5時。スウェーデンの会社なら、多くの人は帰宅する頃なので、なんか申し訳ないと思う。これからも、日本との時間調整は大変だ。

日中、やたら眠い。
ほとんど練習にならない。
帰国してから必要になる、学校関係の申請書をかろうじて作成する。

1107_1 夕方、ハンバーグ、ポテトサラダなど作る。茹でたはたから、T君がブロッコリーをつまみ食いするのは、しめしめと思う。野菜って美味しいね。

夕食後、なんか寒くて眠くて、T君と布団にくるまって「やかまし村のこどもたち」を読む。面白いので、T君も積極的に読む。しめしめと思う。本は素晴らしいよ。

1107_2 旦那さんが帰宅して、Brötzへ聴きに出掛ける。外は雨。
ライブは今夜もよかったし、知り合いも増えてるんだけど、今夜はさらーっと帰る。
関節が痛い。
そっか、風邪を引きかけてるのだと、思う。

疲れると、ネガティブになりやすいものだ。
私の場合は、対人関係で疑心暗鬼になりやすい。

そんなときは、考えることを止めて、たっぷり寝るに限る。
そんなときに限って、急いで返信すべき英文メールが来る。

それは、ここイエーテボリで、スクールお迎えの時刻に限って、必ず雨が降り出すのと似てる。
1107_4 いつしか、ぬいぐるみまで多国籍になってる。日本のが、、、ないじゃないか。いや私がいる?・・・考えるのを止めて、寝よう。

|

« イエーテボリ日記220 通学路に霜降りて/続・英語 | Main | イエーテボリ日記222 「重み」で思い出したこと »

Comments

The comments to this entry are closed.