« イエーテボリ日記168 秋のアモンダン島 | Main | イエーテボリ日記170 聴く+聴く »

イエーテボリ日記169 酉と酒

日曜日、くもりのち霧雨。

0916 引き続き、日本からの来客A.Iさんとともに過ごす。
今日は中心街をご案内。
まだ6ヶ月そこそこの新参者なのに、なんかいっちょまえだなあ。

あいにく、途中から、典型的なイエーテボリの雨空となりました。
しかしそれもまた楽しんでくれるAさん。

夕方6時、階下のニオの家に、Aさん含めて夕ご飯によばれる。

着くなり、ミッキ(ニオパパ)がひーひー大爆笑しながら、
先日、私とミッキがプールでばったり会ったときの話の顛末を話す。

彼と一緒にいた友人が、腕に「酉」という漢字をタトゥー(入れ墨 *こちらではたくさんの老若男女がファッションとして入れている)しているのを私に誇らしげに見せました。
どういう意味か知ってるか?と言うので、私は「It means bird.」と答えて別れたのでした。

そして今日知ったこと。実は彼はソムリエで、ずっとそれを「ワイン(酒)」と信じていつもひとに自慢してたらしい。それが実は「birdだって?!」。愕然とする彼のことをミッキたちは「Bird Man」とか冷やかして、3時間くらい笑ったぜとのこと。

そうだったのか!
なんか悪いこと言っちゃったと思いつつ、せめて「cock」と言えばいいところを「Yes, and actually it's a 'chicken',」と言ってしまい、さらに腹を抱えるミッキ。

「'さんずい'を新たに足せば『酒』になる!」と思いつき、
私が「He can add another part!」と言ったところで、今度は「part」
が「bird」に聞こえて、「two birds!!」とさらに腹を抱えて笑うので、私も声が出なくて涙が出るくらい笑ってしまった。

この説明で皆さんにも笑ってもらえるかなあ、、

スウェーデンの代表的料理、こけもものジャム付きミートボールとシナモンロールをごちそうになりました。どちらも、どのお店で食べたのより美味しかった。

|

« イエーテボリ日記168 秋のアモンダン島 | Main | イエーテボリ日記170 聴く+聴く »

Comments

The comments to this entry are closed.