« June 2008 | Main | August 2008 »

花火

Hanabi_5

そんなこと
しなくても

全然生きて
いけるのに

なぜかヒトは
花火する

| | Comments (0)

ふたをお忘れなく

Juice1

Juice2_4



























| | Comments (0)

くつろぎ・・得ない

Mizuburo_3

| | Comments (0)

リトル夏合宿

ヴォーカルのY嬢が、変わった色のオクラとしましまの茄子と葉っぱの付いた桃をもってやってきた。
私たちはまず飲んで寝て、起きてオクラの曲を作り、おにぎりを食べた後、タキチを迎えに行き、プールで泳ぎ、焼いた鳥を食べたのち、お灸を試し、そして別れた。
Okura1_2

| | Comments (0)

いま見えた色。その先。

Sinw2_2










見つめているのに、何色なのか分からなくなることがある。
その正体について考えるときが一番楽しい。

| | Comments (0)

けやきの杜 photoいくつか

 写真をクリックすると大きくご覧になれます。

 

08170010_5

08170026_3 081501171_3
08170073_4
08170059_408170058_7













 

| | Comments (0)

ありがとう sprout in 福岡

08150081_4














二日間のsprout福岡公演、のべ90人以上の方に見ていただき、無事終了しました。

照明・PA、衣装・オブジェ制作、受付、ドリンク販売、司会、ヘア・メイク、駐車誘導、ステンドグラス展示、さかのぼれば会場探しや宣伝、その多諸々の雑務・・
こんなにたくさんの方の力を借りた自主企画は、私にとって初めてだったかもしれません。経験もなく要領を得ない私を支えてくれたスタッフの皆さん、本当に感謝です。

そして何よりも、不便な場所にもかかわらず、足を運んで見にきてくださった方々、本当にありがとうございました。出身地でのライブということで、親戚や旧友、恩師などの応援にも恵まれました。

私自身も、心身ともに空っぽになるくらいエネルギーを使いました。
そして使った分をはるかに超えるエネルギーが、じわっ、じわっと湧き出るような感覚を、いま味わっています。最高のメンバー二人も同じ気持ちだと信じてます。ありがとう!

| | Comments (0)

ちょっとその椅子貸して

Chair_2
sprout福岡公演2days、今週末に迫りました。
多数のご予約ありがとうございます。

さて、会場では靴をぬいでいただき、好きなところに椅子を動かしてご覧いただく予定ですが、場合によっては椅子の数が足らない可能性がでてまいりました。

こちらで充分確保していくつもりですが、車でお越しの方で(ていうか車以外ないと思うけど)折りたたみ椅子、座布団などお持ちでしたら、ご持参いただけるとありがたいです。
では福岡で!

sprout in FUKUOKA
2008    7/12-13

 ご予約お問合わせは  ゼルプスト kazuera@mbe.nifty.com 090-6638-0532 まで

| | Comments (0)

腰を下ろす

Keyakidea

どうぞ好きなところに椅子をお持ちになって、お座りください。
なんてセッティングもありかもしれません。



sprout in FUKUOKA

 2008    7/12-13

                
  ご予約お問合わせは  ゼルプスト kazuera@mbe.nifty.com 090-6638-0532 まで

| | Comments (0)

砂を盛る

福岡にある実家は建て変わっているものの、庭先はかつて自分が居た場所をはっきり思い出せるくらいに覚えがある。
Niwa    *  *  *  *  *  *  * 
使わなくなったプリンの型に砂を盛っていたところ、電話がなっているようである。
やがて祖母が「今日はぴあのの日やったろうが!先生の待っとんしゃあよ!」というようなことを告げる。記憶の断片。一体いつなのだ、それは!

兄家族が一足先に去り、家は静まる。小さな庭ながら名を知られぬ花木はない。
濃紺の大きな蝶が、いつまでも離れようとしないのを、インスタント・コーヒーを飲みながら眺める朝。

| | Comments (0)

鳥居をくぐる

10歳の甥はますますキューティ、2歳の方はやんちゃくんである。近所の神社へ行く。
子供の頃ここで、鳥居に石を投げ乗せたり、団栗を袋一杯拾ったりしたものだ。

Torii_5


















鳥居も神社もすっかり小さく思えるのに、兄だけが相変わらずでかい。

「そうか、ニンゲンは成長しているからだな。」
たてよこでかいが、こころねは優しいところなどは、ゴジラさえ彷彿とさせる。
タキチは初対面にもかかわらず、すぐさま馴染み、ゴジラに風呂まで入れてもらっていた。

| | Comments (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »