« March 2007 | Main | May 2007 »

Redog Cafeのこと

JR福知山線脱線事故から二年を迎え、さまざまな活動が広げられています。
私も知人が事故に巻き込まれたことをきっかけに、ささやかなお手伝いをさせていただいています。
事故を取り巻く状況などを知ると、とても言葉ではあらわせない思いになる一方で、
音の力が何かを確実に伝えてくれることを、去年の宝塚駅でのコンサートでは痛感し、胸がいっぱいになりました。去年に引き続くこのプロジェクトとの関わりは、私自身を勇気づけるものでもあります。

●Sound Gardenカフェライブ●
4月21・22・25日、
沿線のカフェなど数店で、ピアノ演奏(約3分半の曲,一日数回)を行います。

演奏される曲は、このRedog Cafe主宰;音楽プロデューサーである今井裕氏による'sound garden'。時間の移り変わり、こころの中の風景の移り変わりをテーマとして作られたという、ちょっとアンビエントな響きをもつ曲です。
約3分半という短い曲ですが、クラシック、ジャズ、ロックなど異なるフィールドから7人のピアニストが各地で、入魂の演奏をお届けします。

私の演奏は4/25(水) 15:00 より 伊丹STAGEです。

場所、演奏者の詳細などはこちらのブログで知ることが出来ます

0425_2


















イメージ;Redog Cafe ブログより




| | Comments (0)

千秋万春

Oyster052_2

公園の桜が満開になって,いとこのMちゃん夫妻をよんで花見でもしようかという日の朝,思いがけず,ヴォーカルのCさんから,なにやら香ばしい香りのする荷物が宅配されてきた。
彼女の手作り牡蠣の薫製,桜入りパン,ふき味噌,いちおしオリーブオイル
という完全なる宴会セットである。
これではいくら飲み物があっても足りない・・そんな一群だった。
彼女とは毎日のように連絡をとりあっているのに,そんなこと一言もいってなかったのが,なんとも心憎かった。

| | Comments (0)

一生忘れがたい抱擁

Hold_me051_1

| | Comments (0)

なかばやレコ・スタート

think pink syndicateのレコーディングが始まった。
今回はストリングスとブラスセクションを従えたシナトラばりの超豪華版。
なかばやし氏の悲しくも甘く美しい音楽と、その美意識をどこまでもわがままに実現しようとする音楽家としての姿勢を、私は心から尊敬する。

今回は総勢30人近くの演奏家が参加することになるが、いつもながらこのバンドはメンバーがすばらしい。エンジニア、アレンジャーを含むメンバーひとりひとりが「プロフェッショナルたるもの、こうじゃないといかんったい!」という感服の連続だった。リハも録音も私にとっては相当に贅沢な時間だったと思う。この際、自分の演奏の結果はとりあえず置いておくとしよう・・・。

家に帰ってみると、託児所に預けられていた坊やとダーリンが重なるようにして眠っていた。彼らの寝顔を見たとたん,まるでNYかロンドンの喧噪から突然、日本むかしばなしに出てくる囲炉裏ばたに座り込んだかのような飛躍を感じた。
私はといえば,その隙間に挟まったままお風呂に入り、いくつかの用事をして、そして寝た。長いような短いような一日。
Rec_1

| | Comments (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »