« October 2006 | Main | December 2006 »

知恩院コンサートから

photo by s.chan

あー,いま自分の居る場所からパワーをもらう瞬間。Chion_7

| | Comments (0)

photo by shiro13
知恩院コンサートのロケーションはとても幻想的。
スタッフのひとりが雨の方が石畳が光ってきれいなんだと言ってたけど,本当にそうでした。

Chion01

| | Comments (0)

photo by shiro13
私も歌いました。千秋さんはスーパーエンジニアを連れてくるから,なんだかとっても楽しく歌えちゃうのです,聴いている人がどう思ったかは別として・・・笑。Chion04_1

| | Comments (0)

photo by shiro13

本当ならこの石の階段に座って聴いてもらいます。Chion03

| | Comments (0)

photo by shiro13

雨のためオーディエンスにもステージに上がって聴いてもらいました。
思ってたより若い人が多かったみたい。

Chion022_2

| | Comments (0)

南極にて姉と。

というのは嘘です。知恩院コンサート二日目本番前,小笠原千秋さん(vo)と。まるで北国にいるかのようなふたりの完全武装。
ものすごーーく楽しかった!!また後日レポート書くつもりです。
寒さと今日は雨の中,聴きに来てくださった方,本当にありがとう!

Chionin_1

| | Comments (0)

来る知恩院コンサートによせて

シンガー小笠原千秋とのデュオで送る知恩院コンサート、再び。

「てぃんからしゃん とぅんからしゃん」
「ニライカナイ」
「隠された月」
「夢にも日曜日を」
「nameless people」
「バスタブの水がぬけるまで(ヴォイス・ヴァージョン)」

ここ数年に書きためた、あるいは定着した、千秋さんとの共作および共演オリジナル曲を演奏します。上は曲のタイトルの一例です。

千秋さんというひとは、常に人生を前向きにまい進している(私にはそう見える)あこがれの大人のオンナ。そのうえ、美味しいものが大好き、お酒はめっぽう強いときた日にゃ、どこに仲良くなりたくない理由が見つかりましょう。

そんな彼女と音楽を作る作業は楽しい。曲のきっかけはたいてい,ごくパーソナルな出来事で、それを自分たちのことば(主に日本語)に綴り、音にする・・と、そこには喜びあり、悲しみあり、希望あり、不安あり、嫉妬あり、のまさに誰しも経験のある人生劇場がくり広がるわけですが、最終的にいつも私は「生きているってなんて美しいんだろう」としみじみ思うことになるのです。なぜなのか?私はそこに千秋パワーの偉大さを感じます。産休中に誰より私を休ませまいとしてくれた人、笑。ほんとうに感謝してます。
とにかくスーッと心に入っていくこと間違いなし!のハッピーミュージック、ぜひ一度聴きに来てください。私のこなれない歌も健在!

★夜の野外コンサートです、十分あったかくしてお出かけくださいませ。

 11月17(金)&18日(土) 京都 「浄土宗総本山知恩院」
    『知恩院ライトアップ2006 三門コンサート』
    『ジャズジャパネスク』
    小笠原千秋(vocal)  西島 芳(keyboard & vocal)

    拝観料 大人(高校生以上) 800 円 小人(小・中学生) 400 円
    開場:5時半〜9時(受付終了) 開演:6時〜 7時〜 2ステージ
    場所 三門
    お問い合わせ 総本山知恩院 布教総務部 TEL:075-531-2157
    http://www.chion-in.or.jp/

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »