« 温かい水 | Main | おフロで巨大化する坊や »

橋のたもとで目をみはった

丸太町で地上にあがると、橋のたもとまで来てあ然とした。
ふだんなら、明かりを消して坊をねんねこさせている時間なのに、街は煌々として賑わっている。
ふだんなら、未だに半袖を着ていたりするのに、人々は揃って冬の装いである。
演奏していれば、1セット目が始まったばかりだなんて、もはや信じられないくらいである。
こんな時間に独りで外を歩くのは久しぶりなのだ。
所用で訪れた京都を、私は初めて夜を過ごす外国人になって眺めた。
kyoto2

|

« 温かい水 | Main | おフロで巨大化する坊や »

Comments

The comments to this entry are closed.