今週SONONIライブin東京です

30623995_1681218168625072_532775372 今週はトリオSONONI、先月の岡山、神戸、大阪に続き、東京で二つのライブがあります。
2013年からこの3人で演奏していますが、少なくとも私は、変わらず毎回が緊張の連続です。
気を抜けば置いてけぼりだし、余計な気を張ればすぐ浮くし、これは禅か、と思うときもあります、笑
しかし、なんかの具合で、経験したことのない種類のトリップが起きる。そういうときは音の世界はもう海や空のように堂々存在していて、自分のちっぽけな意思はぷかぷかとそこに浮いて運ばれる、ように感じる。
と、書くとずいぶん大袈裟ですねえー。サウンド自体はどんどんポップになってきています。ぜひ一緒に体感しにいらしてください。
____

Trio SONONI
西島 芳 (voice,piano,compose)
市野元彦 (guitar)
外山 明 (drums)
 

5/17(木)東京下北沢アポロ
Open19:30 Start 20:00
Open charge for musicians(チップ制)+¥800(bar charge)+Drink Order
http://ameblo.jp/430416apollo/
 
 
5/18(金)新宿ピットイン(昼の部)
Open14:00 Start 14:30
¥1,300(1drink付)
新宿区新宿2-12-4 アコード新宿B1
http://www.pit-inn.com/index_j.php

先月の神戸ビッグアップルでのライブより(camera; Satoshi Yoshinari)

昨年発売したCDbook「SONONI+Laetitia Benat」より「missing airport」

| | Comments (0)

写真でふり返るシッポリィ・ツアー(東京・神戸編)


Dsc02028_2
アンサンブル・シッポリィのアルバム発売記念ライブツアー、全7日間が終了しました。

2月という一番寒い季節でしたが、どの会場にも温かく迎えられ、いつもの、あるいは初めての、久しぶりの、いやだいぶ久しぶり、え、まさかここに!(笑)のお顔まで、いろんな方々に聴いていただくことができました。写真は、そのまさか!の方にいただいたお花。

以下、ツアー後半の写真から。

東京下北沢アポロにて。このメンバーでは2回目の出演ですが、すでにしっくりと馴染める場所なのでした。私は今月もここアポロで二日間演奏します。

詳細はこちらへ

photo by Isao Shirane

Apollo_sirane

そして日曜の午後、堀切菖蒲園aire ameno。

お店のファンの皆さんに加えて、旧知の友人、前回の出演のとき私の音楽をイメージしてジュエリーをデザインしてくださったyohakuさん(すでに何点かを愛用中!)、そしてドラムの白石美徳くんが遊びに来て飛び入りしてくれました。

東京では、雰囲気は対照的な2つのお店でしたが、共通しているのは、店主さんが、お客さんにいい音楽を聴いてもらうために、日々熱心に工夫されていること。そしてミュージシャンの意見を丁寧に汲みとりながらライブを成立させておられることでした。書くと当たり前のようですが、当たり前じゃないんだな、これが。

Aireameno

そして、CD発売日当日となった2/28の神戸100BANホール。

ちょっとレトロで、適度な広さと二階席があって、ここのピアノが大好き。私が拙い言葉(弾き方)で伝えても「だよね、だよね!」って何倍も豊かに返してくる。この日は「こういうのもありじゃない?」と提案されたときもありました。

ここにシッポリィをどうセッティングするか不安でしたが、ホールの李さんのサポートのもと、ナチュラルにリラックスして演奏出来たと思います。

初めて聴いていただく方のご来場も多かったです。

All1 Rabit1 Take1 Yuki1 Kaori1演奏風景をシャープに撮ってくれた、K.Nagamuneさん。

ステージの合間の雰囲気まで、やわらかに撮っておいてくれた、S.Yoshinariさん。

全部は紹介できませんが、ツアーを通して素敵な写真を撮ってくださった皆さん、ありがとうございました!

Rabi_yoshi K_yoshi

Mon_yoshi

 

Hechi_yoshi_3

苦楽園口のおばんざいやさん「へちま」の出店も好評でした。

もっと味わいたい方は阪急苦楽園口駅前へどうぞ。お席少なめなのであらかじめ電話で確認されるのをお勧めします。

ご来場に加えて、多くの方にCDをお買い上げいただき、メンバー一同、誠に感謝しております。

この日は、ジャケットのアートワークを手がけてくださった尾崎カズミさんに、原画を持ってきていただくという、贅沢なサプライズもありました。さて。

「行きたかったんだけど、、」という方、ご安心ください!!

まだCDがあります!ぜひこちらからお買い求めくださいませ。もちろんアマゾン・CDショップでも注文いただけます。

レーベル直売オンラインショップ https://media005.stores.jp

Storejp_top

今回のツアーを終えて、あらためてシッポリィのすごい思ったところは、美味しいものを食べること呑むことに対して大変に強運であるということでした!

というのは、あくまでおまけで(笑)、メンバー全員が、音楽に対してとても柔軟に自分を変現・発展させることを楽しんでいる、ということでした。いまは、次はどんな曲書こうかなと考えるのが楽しい。比較的フットワークの軽いバンドなので、引き続き、いろいろな場所で演奏したいと考えています。

2018年、次のシッポリィはこちらです。今後ともよろしくお願いします。

6/1(金)大阪JAZZ ON TOP

http://www.jazzontop.com/index2.htm

6/5(火)京都丸太町ZAC BARAN

http://www.secondhouse.co.jp/zacbaran_top.html

28641342_1490861594358521_524856939

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| | Comments (0)

続投シッポリィ、in東京 & in 神戸情報です

4日間のツアーですっかりシッポリ度が増したEnsemble Shippolly。

3箇所それぞれに魅力溢れる会場です。詳細はこちら!
Tbone2
2/17(土)
東京下北沢アポロ 090-2906-8082
Open19:30
Start 20:00
¥2500+Drink Order
http://ameblo.jp/430416apollo/
東京都世田谷区北沢2丁目 9‐22 EIKOビルB1F

2/18(日)
東京堀切菖蒲園 aire ameno(アイレアメノ)
OPEN 12:00〜
LIVE 1st 13:30〜・2nd 14:30〜
¥3,000 +1order
東京都葛飾区堀切4-9-7-3F/京成線『堀切菖蒲園駅』徒歩3分
http://www.aire-ameno.com/

会場&当日のご案内
ライブ会場はカフェ隣の靴を脱いであがる、木のフローリングスペースです。
ライブ開演までの12:00〜13:00、併設のカフェにてランチをお楽しみいただけます。お食事をご希望の方は12:30頃までにご来店ください。

2/28(水)
神戸三宮100BAN HALL
open18:30 
start 19:30
¥3000 1drink付き フード出店;苦楽園口へちま(¥200,300の小皿料理を予定)
http://www.100ban.jp/studio/hall.html
神戸市中央区江戸町100番地



“Ensemble Shippolly”
https://www.facebook.com/ensembleshippolly/
・西島 芳 Kaori Nishijima(piano/voice)
・武井 努 Tsutomu Takei(tenor sax, soprano sax, clarinet,flute)
・中山雄貴 Yuki Nakayama(trombone)
・有本羅人 Rabito Arimoto(trumpet, flugel horn, bass clarinet)


保存保存

| | Comments (0)

シッポリィツアー前半終了、次は東京へ

1stアルバム「Very Shippolly」の発売に先立ち、まずは東海方面へお披露目演奏旅行に行きました。猛威を振るうインフルエンザや、積雪予報などにヒヤヒヤしながらも、お陰さまで事なきを得、4日間を満喫しました。

Valentain

初日、名古屋バレンタインでの演奏を終えて。なぜか初めて来た感じのしない場所でした、地元ミュージシャンが飲みに来てたり、居心地の良い空間なのです。

愛知吉良のジャズクラブ、インテルサット。この店のファンにならないミュージシャンはいないでしょう。店主のタカさんを囲んで。

Intel

2度目の出演となる岐阜GHOST V.

滞在時間が短かったのがちょっと残念でしたが、次回は街歩きして、またやながせ倉庫にも行きたいです。

Ghostv

そして4日目は、言葉通りホームである大阪大正studio Tbone.

アルバムジャケットのアートワークを担当してくれた尾崎カズミさん、

アートディレクターのワイルド・ピッチ尾崎遊也さんとのショット撮ってくれた有本ヒデヲカメラマン、それを撮ってくれたのは松本和史さん。

Tbone_hidewo

0205tbone_m

聴きに来てくださったみなさん、迎えてくださったみなさん、ありがとうございました!

またお会いしましょう!!

| | Comments (0)

オンラインショップのご案内

私の主催するレーベル;NITECO STUDIO & MUSIC ARTSから、直接にお買い上げいただけるショップがあります。

NITECO STUDIO & MUSIC ARTS オンラインショップ

Storejp_top

過去の作品の一部、来月リリースとなるアンサンブル・シッポリィのご予約も承っております。
お支払いはクレジットカード、銀行振り込み、コンビニ払い、peypal等、いずれも安心のセキュリティにて決済いただけます。
ぜひ、一度ご来店くださいませ。
こちらをクリック → https://media005.stores.jp

| | Comments (0)

Ensemble Shippolly ツアーインフォ

Liveinfo

| | Comments (0)

Ensemble Shippolly 1st アルバムリリース!

20180108_21_46_41_2
2015年より活動してきた、3つの管楽器と声、ピアノによるユニット「アンサンブル・シッポリィ」のファーストアルバムが、2018年2/28全国発売されます。

「息のかさなり」をテーマとするこのユニットでは、管楽器本来の響きはもちろん、息のかすれや、弦の振動、その他もろもろ「ものおと」のようなものも重ねながら、ときに即興で、ときにがっつり編曲された楽曲を、演奏しています。

その音楽を、管楽器の響の良さで定評のある、兵庫県加東市コスミックホールで2日かけて、DC録音システムという方式で、空間ごと生け録りにしてもらったのがこの作品です。
ホールでの録音は、ほぼ、あとから修正のきかないライブレコーディングなので、緊張もしました。ちょっと大げさに言えば、笑あり涙あり、といった感。しかし、本当に素晴らしい響きで、気持ち良かった〜。

録音の時の様子
http://kaoling.cocolog-nifty.com/kaoling_musique/2017/07/ensemble-shippo.html


ここから少しだけお聴きいただけます。

 

さて今回は、前作と真逆に、きわめてシンプルないでたち。
アートワークは、尾崎カズミさんによる木版画です。実際にライブを聴いたあと、一緒にイメージを広げながら作品づくりしてくださいました。何点か作りおろして頂き、選ぶのはとても難しかった。

ライナーノーツは、音楽ライター・コラムニストのオラシオさん。
昨年、たまたま目にしたオラシオさんの記事を読んで、いっぺんにファンになってしまい、今回お願いしました。内容はCD開けてのお楽しみですが、曲がもうひとつ増えたくらいの存在だと思っています。

そのお披露目として、2月には東京、愛知、岐阜、大阪、兵庫にてアルバム発売記念ライブを行います。CDの先行発売も行います。大人から子供まで、ジャンルを問わず楽しんでいただけるバンドですので、ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

【ツアーインフォメーション】

2/2(金)名古屋バレンタイン・ドライブ

2/3(土)愛知吉良 jazz club intelsatインテルサット

2/4(日昼)岐阜 GHOST V.

2/5(月)大阪大正studio T-bone

2/17(土)東京下北沢アポロ

2/18(日昼)堀切菖蒲園アイレアメノ
2/28(水)神戸三宮100BAN ホール

【メンバー】
西島 芳 Kaori Nishijima(piano/voice)
武井 努 Tsutomu Takei(tenor&soprano saxophone, clarinet,flute)
中山雄貴Yuki Nakayama(trombone)
有本羅人Rabito Arimoto(trumpet, flugelhorn, bass clarinet)

【曲目】

1. A Year Goes By(Kaori Nishijima)

2. Ships Confidential Return Home (Kaori Nishijima)

3. 七夕(Kaori Nishijima)

4. スマイル (Tsutomu Takei)

5. Summertime (Du Bose Heyward / George Gershwin)

6. Bran New Cubic(Kaori Nishijima)

7. 手紙 (Yunaka Kouta/Rabito Arimoto)


録音データなど】

2017年7月3&4日加東市コスミックホールにて録音

録音、ミックス、マスタリング;五島昭彦

ピアノ調律;鈴木優子

発売元NITECO STUDIO & MUSIC ARTS

品番: NS0717

発売日:2017年2月28日

価格:2,000+税

https://www.facebook.com/ensembleshippolly/

保存保存

| | Comments (0)

2018、本年もよろしくお願いいたします

2018_newyear

息子が宿題の書き初めにとりかかると、自分も真似て硯を取り出したくなるのは毎年のこと(年一度きり)です。年末年始と、家族とゆったり過ごしました。今朝は、旦那さんも息子も仕事(部活)始めで元気に出かけました。さてわたくしも!

昨年2017年は、SONONIのファーストアルバムが完成したり、triogyとEnsemble Shippollyの共演が実現したり、Co-Göteではギターを抱えてみたり、継続的に好きな場所で演奏を続けられた一方、全く新しい出会いもあり、大変実りある一年でした。メンバーやお店、そして足を運んだり、CDを注文したりして私の音楽を聴いてくださった方々のおかげです、心より感謝申し上げます。

そんな充実した2017年でしたが、師走に入ってから義父が亡くなりました。83歳にして現役で働いていた父のあっぱれとしか言いようのない逝き方でした。

これからは、今までお世話になりっぱなしで、私の音楽活動のよき理解者でもある義母の力になりたい、そして自分の両親にも、もっともっと親孝行しようと気持ちを新たにしています。

もちろん自分自身も、やってみたいと思ったことは迷わず、焦らず、こつこつと!!

2018年の主なライブ予定です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Ensemble Shippolly

アンサンブル・シッポリィ1stアルバム発売記念ライブ

2/2(金)名古屋バレンタイン・ドライブ

2/3(土)愛知吉良 jazz club intelsatインテルサット

2/4(日昼)岐阜 GHOST V.

2/5(月)大阪大正studio T-bone

2/17(土)東京下北沢アポロ

2/18(日昼)堀切菖蒲園アイレアメノ

2/28(水)神戸三宮100BAN ホール

_______

3/24(土)SONONI/東京下北沢アポロ

3/25(日) triogy/東京下北沢アポロ

4/9(月) SONONI/岡山津山市アムズの森ピアノ工房

| | Comments (0)

アルバム発売記念ライブの録音をJJazz.Netで公開中

先月の、西島芳、市野元彦、外山明によるトリオ、SONONIのアルバム発売記念ライブの中から、11/5神戸元町100BANホールでの演奏(録音:五島昭彦氏)が、ネットラジオのJJazz.Netで紹介されています。

「進化するジャズ、拡張するジャズ」をコンセプトとするこの番組に取り上げられたことも光栄でしたが、このトリオを「JAZZ×POP」と捉えてもらえたのが、特に嬉しかったです。

2018117(17:00まで)聴けるそうです。ぜひアクセスしてみて下さい。

http://www.jjazz.net/programs/toshiba-jazztoday/


 


20171213big

保存保存

| | Comments (0)

終わってみれば、SONONIアルバム発売記念ライブ2017.

Nov_2017__900

初日新宿ピットイン。

前日も大切なライブがあり、当日朝に西宮を出て、昼の部の出演者のリハにお邪魔しながら、まずはプロジェクターで上映の具合をチェック。

これまで昼の部でPAしてくれたkさんや、縁あって映像を手伝ってくれることになったギタリストのtさん、その他のスタッフ含め夜も引き続き担当してくれるとのことで、安堵を得る。

一旦ホテルへチェックインしようとして、はたとあの人たちは夕飯を食べる暇もなく、今日は夜も担当してくれるのだと思い込み(ちゃんとお弁当が出る)、差し入れに巻き寿司でも買いたいのだが、ここで方向音痴パニックが炸裂して、たった伊勢丹デパートの地下に潜り、ホテルへ帰るのにえらい時間がかかってしまった(実際徒歩5分圏内)

服を着替えるも、どれもこれも滑稽に見える、結局来るとき着てきたまんまの服に。時々夢で見るような、気づけば裸とかじゃなくてよかった。

ジャンルにとらわれず進化する音楽シーンを支えるピットイン。私はそう思ってる。初出場で緊張したが、大学時代の友人や旧知の顔、聴きにきてくれたミュージシャンに見守られ無事終了。小心者ですなあ。

2日目、大阪大正studioTbone

車の運転が苦手だが、荷物が重いので車で行く。ノンアルビールも載っけてく。カーナビが冷徹に言う「目的地周辺です、案内を終了します」。いやいや、全然分かってへんけど?着いたはたから帰り道チェック。

メンバーが羽田からはるばるやって来て、オーナー夫妻はじめ、映像手伝いにギタリストyさん、皆んなで今夜の準備を丁寧に。丁寧にベストを探す。

心地よい緊張に始まり最後はふっかふか、しろくしろくもっとしろく。自家製おばんざいの冬瓜なんか透き通ってとっろとろ。

帰り道、最初のほうに危機があったが乗り越ればあとは快適ドライブ。

3日目、神戸旧居留地100BANホール。

会場到着するあたりでで偶然メンバー合流。こいつぁ幸先いいやってんで、また丁寧にはじめる。丁寧にベストを探す。これが 大事だと痛感。録音gさんも来てくれて皆んな懸命に音場を作ったところに、待っていたひとが、ひとり、またひとり現る。これを幸せという。幸せの中で最高の緊張と安心のハイブリッド状態を得て、私は今までと少し違う景色を垣間見る。

ジャンプ、ジャンプ、はい息吸ってー、はい楽にしてー、はい怖がらないでジャンプ!!!

このメンバーでもっともっと旅をしたいなと、つくづく思う。

今回のライブを支えてくださったスタッフの皆さん(ミュージシャン含む)

当日来れなくとも応援してくださった皆さん

会場に足を運んで、旅を共にして聴いてくださった皆さん

本当にありがとうございました。

保存保存

| | Comments (0)

«アルバム発売記念ライブ詳細