9月になりました

Kan0909_900_6

息子が中学に入り、自分の時間が随分と増えた。
今日などは、4月から始めた部活(剣道)の遠征があり、朝6:45に自宅から3キロ先の駅に防具、道着、竹刀、お弁当と2Lの水筒をさげて集合、大人は顧問の先生二人のみで明石の先まで行って、帰りは18時半ごろだそうである。幼児時代を思い返すとこれはえらい違いである。
早起きが得意ではない私も、息子に(遠慮がちに)お弁当を頼まれれば、いそいそと起きてトンカツだって揚げたくなる。
今朝は、旦那さんが出張で不在ということもあり、息子もそれなりに危機感を持っていたらしく、am.5:10に私の目覚ましが鳴るより早く、2階の自室から携帯のアラームが聞こえていた(が起きてはいなかった)。

午後、揚げ油を入れる缶を洗ってみた。
これがこんなに汚れるのは腑に落ちない。
火にくべるわけでもなし、気づいたときには持っただけで手がべっとりするほどに汚れているのは不思議なこと。
網の部分は洗わないつもりだったのに、水がかかってしまい、結局全部洗って干す。
缶の物質感が景色から完全に浮いているのを記録したかったのに、それを描くことは私には無理だった。

昨日と一昨日はギターと歌を練習した。
まだまだ上手く弾けないけど楽しい。
少し前に思いついた曲を題材に。
公園の賑やかな声のなかに、息子の姿はもうなくて、
最近の口癖は「めんどい」。
私も中学生だったことはあるが、中学生の男の子だったことはない。


| | Comments (0)

レビュー第1号 -京都 HiFi Cafe-

新アルバム「SONONI+Laetitia Benat」発売に先がけて、京都 HiFi Cafeさんより、レビューとともにお店のサイトに紹介をいただきました。

HiFi Cafeは、京都のとある路地、ひっそりと営まれる自家焙煎珈琲と本と音楽のお店。
最初に訪れた時、その珈琲も本も音楽も、押し付けがましいところが一切ないのに、面白い人やことが丁寧に行き交っている場所という印象を受けました。
私は頻繁に訪れてきたわけではないですが、その店主さんと心を通じあわせ(少なくとも私はそう信じてます、笑)はや7年でしょうか。
イベントの企画をお願いし、演奏の機会を頂いたこともあります。
自分の表現方法が、その時々で形を変えても、根底に通じる何かを聴き受けとってくれる耳って、すごいなあと思います。有難いことです。
HiFi Cafe店主さんによる記事はこちらです↓
http://hifi-cafe.com/archives/11022
他の記事もたいへん味わい深く、止まらなくなりますよー。

20170807_151447

| | Comments (0)

ニューアルバム出ます「SONONI + Laetitia Benat」

前作「White in Dark」から4年ぶりに、アルバムが出ます。

 

2013年より漸次的に活動してきたトリオ;SONONIによる音楽と、パリ在住のアーティスト;レティシア・ベナによるデッサンと写真のコラボレーション作品です。

  8/9より大手CDショップとアマゾンにてご購入いただけます。 

    もし、ライブ会場、および西島の主宰するレーベルよりお買い上げ頂いた場合は、特典として、ポストカード3枚を差し上げます、送料も無料です!

レーベル直営のショップはこちらです→NITECO STUDIO & MUSIC ARTS

 

Img437

 

 

このCDブックレットを制作するにあたって、SONONIの音世界に現れる、限りなく無に近い微音、音を出さんとする気配、音の聴こえ方が一転したように感じる瞬間、そんなイメージをビジュアルで表現するなら、と考えていた時にレティの作品に出会いました。そのタッチに強く惹かれ、まずはレティ本人と会いたくて、演奏旅行でスウェーデンに滞在中の1日をパリ訪問に充てられると分かり、すぐにコンタクトをとりました。

 

当初コンセプトとして考えていたのはユング心理学の概念で「布置」というもので、一つ一つの事柄や状況が、それだけでは何の関係も意味もなしていないようであっても、あるとき、それらが一つのまとまりとして、全体的な意味を示してくる、それに気づくことができるようになる。」という意味合いです。

 

 創作のきっかけとなるツールとして、「ひび割れの枝わかれ」「落下する」などの何の脈絡もなく、単にふと思いついた言葉を並べただけのカード(イメージワード)を作って持って行きました。パリのカフェテラスで初めて会ったレティは、私とメンバーが先に出したイメージワード数十枚をテーブルに広げてみたあと、その場で思いつくままに15のワードを書き出しました。意味よりもフランス語としての響きが面白い言葉(encre marine)やイタリアの道化者(scaramouche)などについて説明もしてくれて、彼女の感性や感覚的なものを垣間みれたひとときでした。

 

それら合計100枚のイメージワードは、当初思い描いていた通りには機能せず、創作に直接的に結びつくというよりは、いま見えているもの、’洒落っけテンションのようなものを交換しあうコミュニケーション・ツールという違う形で機能したと思います。

 

 創作を終えて思うことは、私たちの音や絵や写真に加え、たくさんの消えていった(かのように見える)アイディア、文、音、絵、版画、この制作チームとの出会いや制作過程のすったもんだ、ひいては数年前からの欧州との関わり、といった事柄は、「ばらばらにも見えるものだけど、どこかで繋がって、いま目の前にひとつの作品がここにある」。「布置」は私にとって忘れられない言葉になりました。 

 

この作品を手にしてくださった皆さんが、これを自由に受け止め、末長く楽しんでくださることを心から祈っています。

 

____

追って、視聴や制作チームのことなどご紹介してゆくつもりです。

Cover_n2_3

My new album going to be released 9th Aug!

CD and Booklet (A5 size 64pages)

Drawing & Photo by Laetitia Benat

Music by SONONI

SONONI are;

西島芳/Kaori Nishijima (piano, voice) 

市野元彦/Motohiko Ichino (guitar)

外山明/Akira Sotoyama (drums)

1.ちいさいのうた (Syllabic Song)

2.Grand Night Out

3.Missing airport

4.瑞雨 (zuiu)

5.Dawn

6.Evening -Sytrsö-

7.With a Heavy Rain

保存保存

| | Comments (0)

Ensemble Shippolly レコーディングしました

Hall1_900_2 アンサンブル・シッポリィで二日間のレコーディングを行いました。

2015年から活動している「息のかさなり」をテーマとする三つの管楽器と声、ピアノによるユニットです。

その息をいっぺんに”生け録り”にしてもらうべく、特製のマイクシステムを使った、一見シンプルながら驚くべき高音質な録音で定評のある五島昭彦氏にお願いしました。調律はもちろん、鈴木優子氏に。

All2_900

場所は、五島さんイチ押しの加東市コスミックホール、2日間で、のべ12時間かけて7曲録音すると、終わったときには脳がフリーズしたみたいになっていましたが、それでもまだ音を出していたい、そんな甘美な響きをもつ場所とピアノでした。

3horns_900

このユニットの主役は管楽器で、とにかくメンバーの頑張りで録音が成就したと言えます。

常に面白い音を探しているピュアな音楽家であり、その爆発力が注目される有本羅人氏、

気品のある音色で毎回素晴らしいソロを歌ってくれる中山雄貴氏、そして、多くのミュージシャンが頼りにする包容力ある演奏はもちろん、私の至らないディレクションを常に支えてくれる武井努氏。

Rabito1_900 Yuki2_900 Takei1_900 Kaori1_900 限られた時間の中での同時録音は緊張の連続で、精神力と体力が勝負。

メンバー、それはだいのおとなです。メンバーが無心に、ただひたすらに良い音楽を作ろうとしている渦のなかにいることを、その渦中にありながらふっと意識する瞬間が何回かありました。ごちゃごちゃはほっといて、目の前の音だけに全神経を注ぐ。 まじりっけいっさいなしの幸せの瞬間でした。

All3_900

Kaori2_900この先、アルバム完成までの道のりには、私があまり得意でないことがたくさんありますが、必ず、いい作品に仕上げていきたいと思います。

みなさまリリース情報を楽しみにお待ちください!

最後になりましたが、写真提供は、五島さんの録音風景を撮りに来られていたカメラマンの向井庸祐さん、シッポリィの記録も残してくださりありがとうございました。

向井映像製作所
http://mukai-image-factory.com/

| | Comments (0)

triogyツアー記念写真集

All_0607
triogyの初5daysツアー(岐阜ー愛知ー大阪)が無事終了しました。それぞれに、多くのひとと出会い、このトリオの発展を確信する素晴らしい旅でした。

6/7、最終日、幸せの瞬間を撮ってくれたのは、以前ヴィジュアル・アートとしてシッポリィと共演していただ 松本和史さん。


18891628_1389590057784913_234643410

Shippo_0607

All2_0607
大正にあるstudio Tboneは雨にもかかわらず、満席。
フォトスタジオ・オーナー; 有本ヒデヲ氏が直々にカメラを取り出し、撮ってくださいました。
Triogy_yuusaku_06066/6に、素晴らしい音風景を加えてくれた、ギターの市尾優作氏。
彼とは最近、Co-Göteとして、しばしばクリエーションの時間をとっていたこともあり、気持ちが通じ合うのをばしばし感じます。photo by morita san

Yoshino_solo_0605

6/5は、triogyはお休み、コントラバスの吉野弘志さんソロ・コンサート。こちらも満席、ミュージシャン多し。
関西ファンの待望にお応えして企画しました。私も客席で、吉野さんの音を堪能しました。
ベテランとは言え、共演を重ねていると、遠慮ないタメ口などついきいてしまうものですが、このコンサートのあと、私はちょっと態度を改めました、(つもり笑)

やっぱり凄い人。とにかく素晴らしかったとしか、言葉がありません。

Intel1
ツアー2日目の愛知・吉良インテルサット。
全国から多くのミュージシャンが、訪れる魅惑的な場所です。
この日も、アフターまで、本当に楽しかった。
photo by amano.n


そして、このツアー初日、愛知吉良インテルサットさんの紹介で初めて訪れた、岐阜Ghost V.。とても温かく迎えていただき、思いがけなく旧知の音楽ファンに会えたり、初めて来店されたという音楽に造詣の深そうなグループにも聴いていただきました。
これまた素敵な写真まで撮っていただきました。
Photo by Ghost V.

Ghost_y
Ghost_s
Ghost_k
以上、貴重な記念写真を提供してくださった皆様、ありがとうございました。
忘れん坊の私ですが、これをみると、幸せがよみがえります!

メンバー一同、お店の皆様、そしてお越しくださいました皆様、本当にありがとうございました!

<番外編>


初日に、メンバーと落ち合う前に訪れた、岐阜市柳ヶ瀬商店街にあるやながせ倉庫というところ。友人が「アトリエトコロテン」というハンドメイド雑貨店をやっていて、お邪魔してきました。
とても雰囲気のある場所、これは中庭です。お店閉めてから、ライブ聴きに来てくれたのも嬉しかった。


Yanagase








保存保存



保存保存



保存保存



保存保存

| | Comments (0)

ふたりのピアニストによるふたつのコンサート

デンマークから来日中のピアニストと、ジョイントコンサートを行います。

0508fly
5/8(月)岡本Bone Freeでは、一台のピアノをそれぞれソロで演奏する予定です。
ふたりのピアニストの世界を、じっくりとお楽しみください。
翌日、5/9(火)梅田Alwaysでは、ソロ演奏のほかに、二台のピアノを使って一緒に演奏する予定です。ピアノ二台というのは初めてなので、とても楽しみです。

ゴールデンウィーク明けはゆったりと、一味違うピアノソロ・コンサートはいかがでしょうか?

______

ふたりのピアニストによるふたつのコンサート

5/8(mon)

神戸岡本 Born Free

-1piano / 2 pianists-

music charge 2500 yen

start 19:30

神戸市東灘区岡本2--
阪急岡本駅から徒歩6分
JR
神戸線 摂津本山駅 徒歩5分

Born Free TEL  078-441-789019:0023:30
Office TEL/FAX 078-441-7796   (予約受付)

email bornfreekobe@gmail.com

website : http://www.bornfree-kobe.com/

5/9(tue)

大阪梅田 Always

-2pianos / 2 pianists-

music charge 2500 yen

start 19:30

大阪市北区野崎町6

トレックノース梅田ビルB1

地下鉄扇町駅から徒歩6分、神山交差点から徒歩3

always TEL : 06-6809-6696

email always.live.umeda@gmail.com

website : http://www.always-live.info



Jeppe Zeeberg (イエペ・シーベア)

イエペ・シーベアは、1988 年生まれの受賞ピアニスト・作曲家。彼のスタイ ルは、自主的で妥協のない自由なインプロビゼーションを基本とし、様々な ジャンルの音楽性を併せ持ちます。彼自身の名前で初めて出したアルバム、 It's The Most Basic Thing You Can Do On A Boat(2014年発売)は米国雑誌 All About Jazz」で「現代のジャズ、現代音楽の美しい響きを確かな説得力 で語る作品」と評価されました。演奏活動の他には、劇やダンス・パフォー マンスの音楽を作曲し、デンマークではイベントやフェスティバルのオーガ ナイザーを務めてきました。ソロパフォーマンスは様々な音楽ジャンルとサウンドアートからの影響がうかがいしれます。インプロビゼーションを基本 にする彼の音楽は、実験的ながら気取りがなく、豊かなユーモアにあふれています。

There is a peculiar universe surrounding the phenomenon that is Jeppe Zeeberg - JazzSpecial

 

ウェブサイト: jeppezeeberg.com


保存保存

| | Comments (0)

triogy 6月岐阜ー大阪ツアー速報

Fullsizerender

<岐阜ー大阪ツアー速報>

2015年より共演を重ねてきた私たち、最近’triogy(トリオジー)’になりました。

先週は東京にて二箇所、下北沢アポロ、堀切菖蒲園カフェギャラリー; aire amenoで演奏しました。

6月に初の岐阜ー大阪ツアーを行います。

岐阜で話題のお店のほか、私の他プロジェクトとのジョイントコンサート、ベースソロ・コンサートなど、どれもお楽しみいただけると思っています。

ぜひご予定ください。 *写真/aire amenoにて

6/3(sat)

岐阜 GHOST V.

charge ¥2,800

open 19:00 start 20:00

岐阜県岐阜市長住町2-10-19仲辰ビル1F

tel 080-4545-4823

web http://ghost-v.com

6/4(sun)

愛知吉良 jazz club intelsat

charge 予約/¥3,500 当日/¥4,000

open 19:00 start 20:00

愛知県西尾市吉良町上横須賀神田44-1

tel 090-9028-6186

email taka37@katch.ne.jp

web http://www.jazz-intelsat.com/

6/5(mon)

大阪中崎町 創徳庵

吉野弘志ベースソロライブ

予約¥2,500- 当日¥2,800 +1ドリンク(¥500~)

open 19:00 start 19:30

大阪市北区中崎西4-2-30

地下鉄谷町線中崎町駅2番出口より徒歩5

阪急電車・梅田駅から徒歩12分

tel 080-1476-1934

e-mail soutokuann@yahoo.co.jp

blog http://ameblo.jp/soutokuann/

6/6(tue)

大阪梅田 Always

triogy ゲスト市尾優作(gt)

music charge 2500 yen

open 19:00 start 19:30

大阪市北区野崎町6

トレックノース梅田ビルB1

地下鉄扇町駅から徒歩6分、神山交差点から徒歩3

tel 06-6809-6696

email always.live.umeda@gmail.com

website  http://www.always-live.info

6/7(wed)

大阪大正 studio T-BONE

triogy meets ENSEMBLE SHIPPOLLY

-ENSEMBLE SHIPPOLLY-

西島 (piano/voice)

武井 (cl,ss,ts)

中山雄貴(tb)

有本羅人(tp,bcl)

予約2500円 当日3000円+ドリンクオーダー

open19:30 start 20:00

大阪市浪速区木津川1-2-6児島ビル1F

tel 080-4028-1928(有本)

email rotaunimayohu@gmail.com

website http://fertilize.exblog.jp

フード;アンクル・アントの農園で採れた有機野菜のおばんざいあり

保存保存

| | Comments (0)

たこはたなびき 4月へと

Dsc01917 329日水曜日。

今日も、凧がたなびいています。

先日すぐ近くで観察すると、糸が光って見えましたので、そのせいでここに留まっているのかもしれない。

今月、小学校を卒業した息子たちは、すこし長い春休みを満喫している様子。

4年生の友人も交えた仲良し3人組が、昼時になっても帰らずなにか期待しているふうなので、ラーメンを出して一緒に食べました。みんなが笑ったりふざけたりしながら、ちゅるちゅるしている。こういうとき、なんとも言えない動物的な満足感を覚えます。

Dsc01924

うちの庭は、年によって様子がだいぶ変わります。数年前は小さい黄色い花だらけだったり、シロツメクサだらけだった年も(たぶん旦那さんが何かしている)。

今年は、自然放置な感じですが、よく見ると芽吹きがありました。

Dsc01914_2


Dsc01933

桜はもちろん楽しみですが、

Dsc01936モクレンがとても好きです。

蕾は近くでみるとヤギや羊の背中や頭部を思わせ、なでなでを誘う。

Dsc01944

と、植え込みに踏み入り接写して見とれていると、背後からサッカー部の子が、「なに撮っとん?」。

先方は’おにご(鬼ごっこ)'中だそうでした。

一年間部長をつとめたサッカー部とはお別れですが、なにせ家の前が公園なので、これからもみんなの近くに居られることを嬉しく思います。

4月は、東京にてライブがあります。

いまや東のホームと呼びたい下北沢アポロ、

スケジュールを覗けば、いかに濃い音楽を毎晩繰り広げているかが窺えます。

そして、初出場の堀切菖蒲園;aire ameno

昨年お店に遊びに行って、一目惚れした素敵な空間です。

演奏は、SONONI、そしてtriogy

皆様のお越しをお待ちしています。

_____

●4/6 ()

 

-triogy-

西島 (voice/piano)

吉野弘志(contrabass)

白石美徳(drums)

TOKYO 下北沢アポロ

http://ameblo.jp/430416apollo/

Open19:30 Start 20:00

Open charge for musicians+¥800(bar charge)Drink Order

● 4/8()

-Trio SONONI-

西島 (piano/voice)

市野元彦(guitar)

外山 (drums)

 

TOKYO 下北沢アポロ

http://ameblo.jp/430416apollo/

Open19:30 Start 20:00

Open charge for musicians+¥800(bar charge)Drink Order

 

 

●4/9 (日昼)

 

-triogy-

西島 (voice/piano)

吉野弘志(contrabass)

白石美徳(drums)

 

@堀切菖蒲園 aire ameno

http://aire-ameno.wixsite.com/aire-ameno
OPEN12:00~/LIVE13:00

Charge|¥3,000 +1order

 

*ライブ開演までの12:0013:00、併設のカフェにてランチやお茶などお楽しみいただけます

フェイスブック・イベントページ

https://www.facebook.com/events/225229167944083/

 

保存保存

保存保存

保存保存

| | Comments (0)

たこの日記

家の前の公園。お正月に木に引っかかった凧が、ずっとそこで泳いでいる。

いつも私が食卓で座る席から、よく見えるのでだんだん親しみが。
Fullsizerender_2
1月15日、雪。
Img_1208_22月20日。雨。
Img_13013月9日。ぽかぽか陽気で、放課後の子どもたちも、よく外で遊ぶようになる。

| | Comments (0)

Ensemble Shippolly Live 2017 -ALWAYS 2DAYS-

まだまだ寒い日もありますが、池の周りの桜が着々と春の準備を始めています。最近は、日光に当たると体調がいい気がして、お日様をみるとぶらっとするようにしています。

さて、三つの管楽器とピアノ・声によるユニット;アンサンブル・シッポリィの今年最初の活動です。
先日、3月の2本のライブに向けて、リハーサルをしました。
このプロジェクト開始以来初の、私以外のメンバーの楽曲もお披露目できそうです。
みなさま、ぜひお越しください。

Ensemble Shippolly Live 2017

-ALWAYS 2DAYS-

-ENSEMBLE SHIPPOLLY-

西島 芳(piano/voice)

武井 努(cl,ss,ts)

中山雄貴(tb)

有本羅人(tp,bcl)

2017 3/6(月)

伊丹 ALWAYS

start 19:30

music charge

予約 2,300 yen 当日2,500yen

阪急伊丹駅 北側出入り口から徒歩1分 

http://www.alwaysitami.com

3/21(火)

梅田ALWAYS

start 19:30

music charge

予約 2,300 yen 当日2,500yen

地下鉄扇町駅から徒歩6分、神山交差点から徒歩3

http://www.always-live.info

| | Comments (0)

«寒中お見舞い申し上げます